60歳以上のお得なサービス3

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の
「高齢者向け返済特例制度」

つまりバリアフリーリフォームなのですが、この特例の対象
となるのが60歳以上なのです。

 

 

「高齢者向け返済特例制度」って?

 

 

60歳以上の人が住んでいる住宅のバリアフリー工事、または、
耐震改修工事をするときに利用できる制度です。

 

融資限度は1000万円。

対象となる住宅は一戸建て。

融資対象となる工事は、
床の段差解消、
廊下および居室の出入り口の拡幅。
浴室ぉよび階段の手すりの設置
です。

このどれかの工事をすれば、それ以外のリフォームを
しても融資の対象になります。

そしてこの「特例」の「特例」たるところは、生前は
利息のみの返済でよいところなのです。

 

(たとえば1000万円借りたとすると、
返済は10667円/月でいいのです。年利1,28%の場合)

 

住宅の居住者が亡くなったときに、相続人が一括返済、
または、担保とした土地や建物を処分して返済します。

 

この方法で生前の返済負担を軽くして、年金生活でも
リフォームした住宅に安心して住めるのです。

 

詳細は「高齢者向け返済特例制度」で検索してみてください。

 

 

 

自治体によるリフォーム助成制度

 

 

各自治体によるリフォーム支援もあります。
「住宅改善費補助事業」で調べてみると出てきます。

これは自治体によって内容が違います。

また対象となる「高齢者」の年齢も、65歳以上となって
いることが多いです。

助成金制度は、こちらから申請して初めて利用できる
ので自治体の福祉課や、情報に詳しいケアマネと相談
しておくといいでしょう。

 

 

住宅関連のお得

 

 

住宅関連のサービスとしては、保証人がいない高齢者の
賃貸住宅入居の際の支援制度、三世代同居建築ヘの助成
などがあります。

 

引越しでは、

たとえばアート引越しセンターでは、60歳以上の人がいる
世帯の場合、「暮らしの整理士」が引越し前に訪問して
不用品の選別・整理をしてくれるサービスを行なっている
ようです。

 

やや小規模の地元の業者の場合は、年齢による料金割引
サービスがあるようですから、地元業者に確認すると
いいですね。

介護が必要な高齢者がいる引越しでは、介護ヘルパー付き
引っ越しプランもありますので相談してみましょう。

 

 

まとめ

 

 

いわゆる「高齢者」は65歳から?

そういう意識を反映しているのか、65歳からの割引は
様々なカテゴリーで多いです。

60歳ですと、かなり限定された範囲での割引になります。

でも、利用できるものはしっかり使用して、毎日を楽しみ
たいですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP