髪の紫外線対策

顔や手ばかりでなく、髪も紫外線の影響を強く
受けています。

髪は日に焼けるとカサカサ、バサバサになって
色落ちしたりします。

また、頭皮も日焼けします。

髪や頭皮は日焼けしても、顔の肌のように赤く
なったりヒリヒリしないのでわかりにくいのですが、
紫外線対策はしっかりしておきたいものです。

 

そもそも紫外線とは

 

太陽の光のうち、目に見えないのが紫外線と
赤外線です。

紫外線にはUV-AとUV-B、UV-Cの3種類があります。

が、UV-Cは、オゾン層に吸収され地表には届きません。

紫外線の95%はUV-Aです。
窓ガラスも通過してしまうので、長期的に見ると注意
しなければなりません。

UV-Bは、わずか5%ほどですが、皮膚ガンや日焼けの
原因になります。

このUV-Bをどれだけカットできるかの目安となるのが
「SPF」ですね。「PA」というのはUV-Aのカットの目安です。

紫外線は、
日焼け、シワやシミ、皮膚がん、白内障の原因になります。

が、悪いことばかりでなく、
ビタミンDを作る、皮膚病の光線治療、殺菌効果など、
良いところもあるのです。

 

髪への影響と対策

 

髪への影響としては、乾燥、表面の荒れ、強度の低下、
色の脱落などがあります。

頭皮も髪も、ダメージを受けても分かりにくいので、
日傘や帽子などで紫外線を防ぐように意識しましょう。

紫外線は一年のうち、5月から9月に一番多くなります。

が、早めに対策を講じておくことです。

帽子は通気性が問題になりますので、できれば日傘。

手を塞ぎたくなければ、UVスプレーを利用するといいでしょう。

 

日傘はもう必需品ですね。

日陰を探して移動するだけでも、効果はあります。

さらに気をつけたいのが「目」への影響です。

朝や夕方、太陽の位置が低い時間帯は、紫外線が
目に入り易いのです。

日本人はなかなかサングラスを使いませんが
紫外線から目を守るために使うほうがいいのです。

ただし、横からの光もガードする必要があるので、
どんなサングラスを選ぶかは、よく考えないといけません。

 

髪のために帽子を利用するなら、つばの広いもの
を選ぶと、ある程度「目」を守るのにも役立ちます。

 

まとめ

 

紫外線はできるだけ避けたいものです。

肌の老化の原因にもなりますし、髪も目も、影響を
受けます。

10時から14時の間は外出を控える、外出するなら、
UVスプレー、UVクリームなど、または日傘、帽子
サングラスなどを忘れないようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP