「高齢者」は何歳から?

BMIの数値も大事ですし、「筋トレ」もしなければいけません。

地中海風の食事がいい、炭水化物は控えめに、とある程度のダイエットもして、適正体重を保つことが大事。

と言ってきたのですが、ある新聞記事によると、「高齢者の低栄養に注意」だそうです。

 

 

 

「高齢者」とは65歳から?

 

たとえば「メタボ」を心配してダイエットをするのは40代50代なのだそうです。

「高齢者」はダイエットよりも、むしろ「低栄養」に注意するべきで、卵、肉などの「タンパク質」をしっかり摂るべきだというのです。

 

・・・50代を超えると「高齢者」?

 

まあそうかもしれませんが、まだまだ自分では認めたくはない、という女心。

一般的に「高齢者」というのは「65歳以上」らしいのですが、60代という点では、さほど差はないですね。

 

元気に長生きするためには、BMI=22を守って、あまり体重を減らさないことも大事ということらしいです。

私の場合はあと4キロ増やさないといけないのですが、やはりそれでは重すぎるので、とりあえずあと2キロ増を目指して、「タンパク質」も摂ってゆく、ということです。

 

筋肉を作るのは「タンパク質」ですから、確かに必要ですね。

結局は、野菜果物も一緒にまんべんなく食べましょう、と。

・・・・と書きながら、なんとなく「高齢者」という範疇に自分が入ってしまっているなあ、と気づいてちょっとショックです。

 

「白髪」を認め、「小じわ」を認め、「老眼」を認め、徐々に年齢に馴染んできたのですが、今度は「高齢者」。

 

 

ちょっと待て~い!!

 

 

と言いたい自分と、いやいやもう逆らえないかも、と思う自分がいて、やや複雑です。

 

・・・・が、年齢には逆らえない・・・・・、無駄な抵抗は止めよう。

と思いつつ。

「まだまだ!」とも思うのですから、往生際が悪いというのかなんというのか。

 

今はまだ仕事もしていますし、やりたいこともいろいろあるので、まだまだ現役と思っています。

 

 

女性はいくつになっても女性

 

できればちょっとおしゃれで、ちょっと小奇麗で、明るく元気でいたいですね。

全ては気持ちの持ちかただと思っています。

今日の体験を楽しみ、明日の予定を考えると、同じ日は一日もないことに気付きます。

 

その違いを楽しみ、出会いを喜び、「今」を大事にする。

 

気になることはたくさんありますが、ひとつひとつクリアしていかなければ仕方がない。

 

さあ、「腹筋運動のやり方」をこれから学習します。

 

 



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

アーモンドのアンチエイジング効果
ビタミンCの効果を再確認!
「サーチュイン遺伝子」の活性化と若返り?
肌の老化の8割は「光老化」で「加齢」によるものではない
「酸化」ばかりでなく「糖化」を防ぐアンチエイジング
アンチエイジングは「老いへの抵抗」ではなく生きる智恵です。
トマト一日一個でアンチエイジング!
コエンザイムQ10は有効か?
老化防止について~「加齢」と「老化」の違い・・・と言いつつ3年過ぎて・・。
アンチエイジング化粧品の探し方
ミネラルウォーターでアンチエイジング?
アンチエイジングと基礎化粧品
書店に並ぶ食事本・・・・!?
見た目年齢はどこで判断?
「老けない」方法!?

Menu

HOME

TOP