「座りすぎ」のリスク~あさイチより~

このところ「むくみ」がずっと気になっているのですが、
「あさイチ」で「座りすぎ」のリスクについて取り上げて
いました。

なるほど、と思いましたので、シェアしたいと思います。

 

「座りすぎのリスク」とは

 

オーストラリアでこの研究が進んでいるそうです。

「座りすぎ」は、心臓病、糖尿病,がんなどのリスクを
高めるそうです。

これは普段運動しているかどうかには関わりなく、
長時間座っていること自体がリスクになるとか。

 

一日に11時間以上座っている人の死亡率は
4時間以下のひとの1.4倍になるそうです。

また、1時間座ってテレビを見ていると、平均余命が
22分少なくなる、とか。

 

デスクワークの人は、立ち仕事や、歩き仕事に比べて、
60%以上死亡リスクが大きいらしい。

 

結局

座っている状態では脚の筋肉がまったく動かないことが
問題なのです。

 

立っているだけでも、脚は体重を支えるために筋肉を
使っているので、血流と代謝が妨げられないとか。

 

ところが座ってしまうと、血流が滞り、代謝も悪くなる
ので、ドロドロ血になってしまうのです。

 

日本人は平均8~9時間座っているそうですから、
注意が必要です。

 

「座りすぎリスク」の「予防法」

 

最近の会社では、高さを調節できるデスクを使って
いるところがあるそうです。

それも、「立って」仕事ができるような高さにまで
調節できるのです。

これによって社員の健康と仕事の効率アップを
目指しているそいうです。

 

最新のデータを活用して、こういう職場環境が作れる
会社ばかりではありません。

 

自分で簡単にできる予防法を覚えておきましょう。

 

それは

20~30分ごとに2~3分立つ

ということです。
このとき、屈伸や足踏みなどの動きも取り入れると
いいようです。

 

長時間座らずに、座る時間をコマ切れにするほうが
いいそうです。

 

家庭の主婦なら、食器洗い、衣類の片付けなど
軽い動きでいいので「立つプラスちょっとした動き」
を意識するだけ。

 

また

座ったままでもできる運動として、

「つま先に体重をかけて、かかとを上げ下げする」

のが効果的だそうです。

 

これは、車椅子を使うようになった人が、脚の筋肉が弱って
しまうのをふせぐのに効果的な運動なのです。

 

かかと上げは1セット10回を目安にやりましょう。

 

ふくらはぎの筋肉ばかりでなく、太ももの筋肉も
動かすようにするといいのです。

 

これは座ったまま脚を水平に持ち上げるだけ。

これだけで、太ももの前の部分の筋肉に力が
入るのがわかりますね。

 

太ももには血管がたくさんあるので、ここの筋肉
も意識して動かしましょう。

 

まとめ

 

確かに今、座っている時間が長いです。

むくみがなかなか解消しないのも、これが原因かも。

20~30分ごとに立ち上がる、足踏みする、など
意識してやってみようと思います。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP