ロコモティブシンドロームとは?

「ロコモ」と略していわれていますね。

骨・関節・筋肉の運動機能の低下による歩行障害を
指します。

これが「寝たきり」や「介護」へとつながるのです。

 

「ロコモ」の原因

 

 

この運動障害の原因となるのが、膝の関節症や骨粗鬆症、
変形性腰椎症などですが、これは加齢ばかりが原因では
なく、40代にも見られるのです。

 

「日本整形学会」が定める「ロコモ」のチェックポイント
を紹介しましょう。

次のうち、ひとつでも当てはまればロコモの心配が
あります。

 

◎ 片足立ちで靴下がはけない

◎ 家の中でつまづいたり、滑ったりする

◎ 階段を上がるのに手すりが必要

◎ 横断歩道を青信号で渡りきれない

◎ 15分くらい続けて歩けない

◎ 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難

◎ 布団の上げ下ろし、掃除機の使用など家事の
やや重い仕事が困難

 

心配な人は早めに予防を心がけましょう。

 

 

「ロコモ」の予防方法

 

適後な運動と食生活の改善

 

30代、40代から週に2回以上の運動をする習慣をつける
方が良い、と言われています。

腰痛や膝の痛みの対策としても早めに運動の習慣を
つけておくべきでしょう。

骨や関節を守るためには筋肉が必要です。

筋肉を作るためには食事にも注意が必要になります。

 

良質なタンパク質、ビタミン・ミネラル、など栄養
バランスを考えた食事に留意しましょう。

 

簡単なトレーニング

 

片足立ち・・・はじめは何か支えとなるものを使っても
いいですが、徐々に支えを減らしていきます。

1回に左右1分ずつ。3回くらい。

スクワット・・・スクワットにはいろいろなやり方があります。

腰を傷めることもありますから、最初は、椅子に座り、そこから
立ち上がる、という方法がいいかもしれません。

1回に5~6回 2~3セットくらい。

 

つま先立ち・・・ふくらはぎの筋肉を鍛えます。

これは両足で立って、かかとを上げ下ろしします。

1回に10~20回、2,3セットくらい。

 

ほかにも、ウォーキングやラジオ体操など、気持ちよく
身体を動かすことをしておくといいですね。

 

 

健康寿命を伸ばすために

 

日本人の平均寿命は男性が80,2、女性が86,6だそうです。
(2015年調べ)

 

ところがこのうち「健康で過ごせる期間」つまり
「健康寿命」は平均寿命よりも、男性で9年、女性で
12年も短いのです。

つまり最期の10年近くは「健康ではない」たとえば
「介護状態」になってしまうのです。

 

これを避けるために、今、国の課題としても
「健康寿命」を伸ばそうとしています。

 

確かに長生きしても健康でなければ悲しいです。

健康で長生き、を目指すために、自分でできることを
早めに始めておくべきでしょう。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP