コレステロール・中性脂肪を改善する食事 2

さて、だいたいの分量は把握できた気がします。

あとは「質」の問題ですね。

何を選んで食べたらいいのか、ということです。

 

主食は玄米がおすすめ

 

しかし我が家では家族が白米大好き。

なので、朝のパンを全粒粉にしました。

食物繊維が多く。GI値が低いもの。

例えば、全粒粉パン、ライ麦パン、胚芽パン、雑穀パン、
玄米パンを選ぶといいですね。

 

パンでも、コンビニで売っているサンドイッチなどは
具やバターによってカロリーが増えています。

 

ミックスサンドで、342kcal、チキンカツサンドで487kcal
ですから大変です。

 

朝食なら500kcal以下にしておきたいです。

 

全粒粉パン8枚切り2枚に、ヨーグルト。
バナナ1本に、野菜スープくらいでどうでしょう?

これでだいたい400kcalくらいでしょう。

野菜スープには、タマネギ、人参、大根、まいたけ
を入れるのがおすすめです。

キノコ類と大豆製品、タマネギ、キャベツ、ブロッコリー、
わかめ、昆布の海藻類などは、スープや味噌汁にいれて
毎日でも摂りたいですね。

 

肉は部位を選んで。できれば魚を

 

肉は鶏肉がおすすめです。

牛肉ならモモ肉、豚肉ならヒレ肉。

脂の少ないところを選びます。

動物性タンパク質を摂るなら、青い魚、サバ、サンマ、
イワシ、アジを。

鮭にはアスタキチンサンの抗酸化作用もあるそうです。

豆腐などの大豆製品は毎日食べたいですね。

 

肉は分量を意識して食べ過ぎないようにします。
100g以下に抑えておきたいです。

 

 

キノコ・海藻類はたっぷりと

 

しいたけ、まいたけは、
特に食物繊維やナイアシンが豊富です。

オリーブオイルを使って炒め物もよし。

 

おやつには、アーモンドなどのナッツ類を。
サラダやヨーグルトのトッピングにもいいですね。

 

抗酸化作用が老化を防いでくれます。

 

タマネギを食べ続けてコレステロール値が激減した例
もあるそうです。

 

りんご、バナナにも抗酸化作用があって、バナナは
ほかにカリウム、マグネシウムも豊富です。

 

おやつには、かんてんを使ったゼリーもいいです。

また「酢」も中性脂肪を下げてくれますから、
りんご酢などはどんどん摂るといいですね。

 

 

水分補給と運動

 

朝起きたら一杯の水を飲むとドロドロ血の改善
になります。

 

水は日頃からこまめに補給しましょう。

家事や散歩といった簡単な運動を心がけます。

 

 

「隠れ脳血栓」に注意

 

血栓が小さいと、一度詰まってしまっても、すぐに
溶けてしまって気づかないことがあります。
「一過性虚血発作」といって見逃されやすいので
注意しましょう。

 

主な症状としては、

身体の片側のしびれ、麻痺。

呂律がまわらない。

視野が狭まる。

めまい、頭痛、吐き気、激しい眠気

などがあります。

 

気になるときは放置せずに、お医者さんに相談
しましょう。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP