若さを保つウォーキング!?

ウォーキングでもスポーツでも、最近(年をとってから)
始める人は若い頃の感覚で、もっとできる、まだまだ
やれる、と自分の肉体を過信する傾向が強いそうです。

そうなると膝や腰を痛めたり、怪我のもと。

なんでもハードに頑張ればいいのではありません。

 

どこまで、どのくらいがいいのか。

 

ウォーキングの場合、何時間も歩けばいい、という
ものではありません。

目安は8000歩/20分

これが基本です。

「会話ができる」程度の負荷の運動になります。

散歩がてら歩きながら、途中でこのペースを
取り入れてみればいいのです。

20分で8000歩ということは、1分で400歩。
30秒で200歩、1秒では6.6歩。

このペースを測りながら感覚を掴むといいです。

「20分」というのも守りましょう。

大事なのはその一日だけでなく「継続」ですから。

 

これを2ヶ月続けるといわゆる「長寿遺伝子」が
目覚めるそうです。

また朝にウォーキングをする人が多いのですが、
朝は睡眠中に水分が減少しているので、水分補給
が必要です。
身体が起きていないので準備運動もしっかりと。

 

エネルギー代謝や、心肺機能が活発なのは
昼から夕方にかけてです。

従ってこの時間が一番運動には適しているといえます。

直射日光を避けるためには夕方が一番いいかもしれ
ませんね。

 

シューズやウエアは体を守るためのもの

 

ウォーキングをするときには、できればウォーキング用
のシューズを使いましょう。

足を痛めることが少なく、膝への負担も軽くしてくれます。

シューズだけでなく、ウエアも吸湿性に優れたもの、
軽くて動きやすいものがいろいろあります。

季節に合わせて快適な服装で歩くようにします。

帽子も時間帯によっては必要です。

手には何も持たず、必要に応じてウエストバッグなど
を利用しましょう。

 

「習慣」にして楽しく

 

毎日の習慣として楽しく続けたいですね。

そのためには、時間を決めて、ただしあまり長時間
にはせずに。

疲れが溜まるようでは逆効果です。

お気に入りのコースをいくつか持っていると、
気分に応じてコースを選ぶ楽しみもできます。

ストレスの解消にもなりますから、まずは自分が
「楽しむ」ことから始めてみましょう。

 

老化は足から、などと言われます。

楽しく姿勢よく歩いて、若々しく過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP