白内障の予防と症状

白内障はアトピーや糖尿病などの疾患、外傷が原因の
場合と、加齢による場合とがあります。

早い人では40代で発症しますが、80歳を超えるころに
はほとんどの人になんらかの症状がみられ、90歳を
超えると、ほぼ全員が白内障になっているといわれて
います。

 

白内障の原因と予防

 

白内障は「水晶体」が濁ることによって発症します。

「水晶体」はカメラのレンズのような役割をしている
ので、濁ってしまうと、目の奥に光が届かなくなった
り、反射してまぶしくなったりします。

水晶体が濁るのは、水晶体の細胞内部のタンパク質
が異常なサイズに成長してしまうからです。

つまりは「タンパク質」が引き起こす病気とも言えるのです。

タンパク質の変容の原因は「酸化ストレス」です。

「酸化ストレス」は「加齢」によって発生します。
従って加齢による白内障が最も多いのです。

加齢による白内障を、病気ではなく「老化現象」という
人もいるくらいですので、いわゆる「アンチエイジング」
が予防にもなるのです。

日常的にアンチエイジングを意識することで、白内障
の予防や、発症時期を遅らせることが可能です。

適度な運動やバランスのとれた食事が大切ですが、
さらに抗酸化作用の強いポリフェノールやルテイン、
ビタミンC、ビタミンEなどを摂って白内障を予防しま
しょう。

また、紫外線対策としてサングラスの着用もおすすめです。

 

白内障の症状

 

主な症状は

◎ 目のかすみ(霧がかかったようになる)

◎ 光を眩しく感じる

◎ 視力の低下

◎ 急にメガネが合わなくなる  などです。

白内障の検査は、眼科で瞳孔を大きくして水晶体
を視るのですが、正常なら濁っていない水晶体の、
真ん中が白くなっていたり、硬くなっていたら経度
の白内障と診断されます。

この初期の段階での「進行の抑制」が大事です。

点眼薬や内服薬で進行を遅らせることができます
が、白内障に関する薬は医師の処方箋がないと
購入できませんから、気になったときには早めに
眼科で検査を受けましょう。

 

まとめ

 

白内障は世界的にみると失明の原因のトップに
なっていますが、日本では放置さえしなければ
失明することはまず無いといっていいでしょう。

白内障の症状が進行して、日常生活に支障が出る
ようになると「手術」が行われます。

日帰りで手術ができる病院もあります。

手術については、眼科医とよく相談して、納得がいく
まで説明を受けるようにします。

どんなに進歩したといっても、手術には術後の合併症
などの可能性はあります。

術後の定期健診も含めて相談しておくといいでしょう。

まずは「アンチエイジング」から。

予防をしっかりと心がけましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP