ウォーキングの時間と方法

ウォーキングは最も始め易い運動です。

特に器具は必要ありませんし、いつでもどこでも
始めることができます。

ただ、むやみに長時間歩けばいい、というものでも
ありません。

ゆっくりのんびり歩いても、気分転換にはなるかも
しれませんが、あまり効果的とはいえないかもしれ
ません。

 

ではウォーキングに求めるものとは?

 

まずは生活習慣病に負けない健康な体です。

適度な運動は肥満解消、血圧の正常化、骨粗鬆症の
予防、ストレスの解消に繋がります。

 

また筋肉は使わなければどんどん減っていきます。

ウォーキングは筋肉の維持にも役立っているのです。

筋肉の「維持」だけでなく、筋肉をつけるためには
歩くときに負荷をつけることも考えます。

 

「インターバル速歩」という方法があります。

この方法を実行することで、足に負荷をかけて筋肉
をつけることができます。

ただし、ウォーキングに求めるものは人様々です。

ダイエットあり、ストレス解消あり、またイベント参加で
友人作り、という人もいるでしょう。

目的に応じたやり方でいいのです。

目的がなんであれ、長く続けることが一番ですから、
無理なく楽しみながら、続けましょう。

 

「インターバル速歩」とは

 

信州大学の能勢博教授(スポーツ科学)らが中高年
のために開発した歩行法です。

 

「サッサカ歩き」と「ユックリ歩き」を3分ごとに
繰り返し、合計15分以上を一日の目安にします。

週に4日以上、5ヶ月以上を目標に続けるとだいたい
10%の筋力アップが期待できるといいます。

 

ただし、「正しい姿勢」で歩きます。

 

胸を張って大股で歩くのが「サッサカ歩き」です。

 

限界か、と思うくらい、しっかり大股で歩きましょう。

 

「ちょっときつい」と思うくらいがいいそうで、
全力を100%としたら、70%以上くらいが「サッサカ
歩き」40%以下が「ユックリ歩き」だそうです。

 

結果「10歳若返る」となったらちょっと嬉しいですね。

 

普段からウォーキングをしている人は取り入れてみる
といいでしょう。

3分大股で早歩きをして、元に戻す、
これを繰り返せばいいのです。

 

自分は趣味で毎日1時間ほどは歩いていますから、
さっそく取り入れてみようと思っています。

 

スクワットもしていますが、まだまだ毎日するほど
習慣にはなっていませんので、歩きながら筋力アップ
ができるなら一石二鳥で嬉しいです。

 

まとめ

 

なんでもそうですが、「継続」がなければ結果は
残りません。

 

人生ここまでやってきて、これは確かなこと。

 

失敗を通して学んだことでもあります。

 

ですから、「無理なく」できるかどうかが大きな
ポイントです。

「無理なく」かつ「楽しく」継続できたら、結果が
楽しみになりますね。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP