「食後に横になる」ダイエット

「食べてすぐ寝ると牛になる」
とよく言われませんでしたか?

実はこれは「お行儀が悪い」ために言われてきたので、医学的には「食べてすぐ横になる」のは正しいことなのです。

といっても、眠ってはいけませんよ。

眠ってしまうと消化機能の働きが、低下してしまいます。

 

 

 

 

食後は右を下にして横になります。

 

食後は食べ物を消化するために、胃腸に血液が集まります。

このとき動き回ると、血液が筋肉の方へいってしまうので、消化の妨げになるのです。

 

右を下にして横になると、血液が肝臓や十二指腸に集まり、消化を早くしてくれるのです。

 

また、胃は左側に膨らんでいますね。
左向きに横になってしまうと、ここに食べ物が溜まってしまうので、右向きにすることで胃から腸ににむかって流れがよくなるのです。

 

これによって基礎代謝が高まり、ひいてはダイエット効果も期待できるというわけです。

 

食後30分くらいは、「右を下に」して横になってみましょうか。

 

 

加齢と共に「基礎代謝」は低下します。

 

残念ながらダイエットも結構難しくなります。

一番効果的なのは、「炭水化物」を摂らないこと。

短期的に効果を出したいなら、これが一番です。

 

基本的、長期的には最近よく言われている
「地中海風食事」が効果的かつ合理的です。

 

が、

少しでもダイエット効果が期待できるのであれば、また、基礎代謝がよくなるのであれば、実行してみましょう。

ちょっとした「知識」ですが、情報が溢れている現代。

 

妙な情報に振り回されずに、必要な情報を取捨選択して、賢く生きていきたいものです。



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP