BMI=22が最も病気になりにくい?

BMIというのは、簡単にいえば「体格」を表す数値です。

この数値が22のとき、「高血圧」「高脂血症」「肝障害」
などになりにくい、と言われています。

が、基準値とされているのは、18.5~24.9なのです。

 

BMIの計算方法と「適性体重」

 

BMIとは「Body Mass Index」のことで、体重÷(身長×身長)で計算されます。

私の場合、50kg÷(1.58m×1.58m)で、20.03になります。

最も病気になりにくいBMI=22となる体重を逆算してみると、

22×(身長×身長)となって、22×(1.58×1.58)で、54.9kgになります。

これはつまり、

以前に取り上げた「適性体重」ですね。

ただ、これだと明らかに「重い」です。自分の実感としては。

 

現在のBMIの数値は20.03なので、まあ「基準値」には入っています。

BMIの問題は「体脂肪率」が考慮されない点ですが、それで
もさまざまな病気との関連で非常に説得力のある資料を提供
しています。

 

たとえば「平均余命」

BMIが20~24.9ですと最も死亡リスクが少ない、というデータがあります。

また「痩せすぎ」の場合も危険です。

BMIが男性23以下、女性18.9以下では、がんの死亡率が上がっています。

BMI27以上になると「がん」「心疾患」「脳血管疾患」な
どでの死亡率が高くなります。

 

このように、BMIが「基準値」からはみ出してしまうと危険
率が上がる、といえます。

 

私の知っているお医者さんは、若い人よりも、50歳以上の人
は特に”BMI22″を意識するべきだ、と言っています。

 

「アラサー」とか「アラフィフ」と言いますがむしろ「アラ22」だそうです。

BMI,を20~24の「アラウンド22」に保つと、一番病気
や死亡のリスクが少ないそうです。

 

ですから、先に紹介した、

「適性体重」が要するにBMI=22になりますので、

「理想体重」はBMI=20

「美容体重」はBMI=19

 

アラウンド22を意識するなら、「適正体重」と「理想体
重」の間くらいにしておくのが一番いいですね。

 

健康で元気で長生きする

 

理想はここです。

できればそうありたい、と誰もが望んでいます。

まず第一歩は「体重」から。

今日の努力が一年後十年後の自分を変える、と思えば、
やってみよう!と思えますよね。

 

同じ年齢でも、個人差がどんどん広がっているように思います。

ちょっとした努力がその差を作り出しているのです。

やってみること、意識すること、

そこから始めてみましょう!

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP