疲れを取る入浴方法

一日の終り、ああ疲れた、と思ったときはゆっくりお風呂
に入りましょう。

シャワーだけで済ませてはいけません。

毎日のバスタイムを大切にすることで、疲れを溜めずに
済むのですから。

 

お風呂の温度と入浴時間に注意します。

 

疲れているときは「ぬるめのお湯」がおすすめです。

38℃~40℃くらいのお湯にゆっくり入りましょう。

ただし、半身浴で。

初めは肩が寒いと感じるかもしれません。

そういう時は乾いたタオルを肩に載せおくといいでしょう。

あまり長時間の入浴は却って疲れてしまうので、だいたい
20~30分位を目安にします。

入浴中は身体は360度水圧がかかっている状態なので、
血行がよくなります。

このときに足のマッサージをするとむくんで疲れた足が
楽になります。

効果があるのは、「コロコロ」

あの美顔用のマッサージ器です。

お風呂で使えるタイプがありますね。

ふくらはぎから太ももまで、コロコロすると、むくみも取れ
ますし、「下肢静脈瘤」の予防にもなります。

この時お顔もコロコロすれば一石二鳥ですね。

リラックスするためには照明を暗くするのもいいですね。

(湯船に入っているときだけですよ)

 

水分補給を忘れずに

 

入浴の前には水分を摂るのを忘れないでください。

入浴中は汗をかきますし、身体の水分がかなり失われています。

できれば入浴中もこまめに水分補給をしましょう。

入浴後も十分に水分を摂っておきます。

 

冬場は脱衣所との温度差が大きくなりがちです。

年配の方の場合は非常に注意するべきですが、
そうでない方も、急に体を冷やしてしまうのは身体
への負担になります。

脱衣所はできれば適温に温めておきたいですね。

 

バスタイムを楽しみましょう。

 

ぬるめのお湯にゆっくり浸かるのは、身体の疲れを
取るばかりでなく、日々のストレスの解消にもなります。

何も考えずにぼーっとするのもいいですね。

マッサージで身体がりラックスすれば、気持ちもリラックス
できます。

好きな入浴剤や石けん、エッセンシャルオイルなどで、
バスタイムを演出すると、それだけで気分が変わります。

 

ただ、あまりの「長湯」には気をつけてください。

身体が疲れてしまいます。

 

毎日のバスタイムを楽しくする工夫をする、
そういう気持ちのゆとりが持てるようになりましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP