部屋での転倒から救急搬送の顛末

自分はただの付き添いでしたが、

大変でした。

90歳の叔父の話です。

 

 

朝早くに部屋で転倒

 

 

 

叔父はいわゆる老人用のマンションに一人暮らしです。

 

奥さんを亡くしてからは、できることはひとりでして
います。

 

その日も朝食の用意をして、両手にお皿を持って、
キッチンからリビングのテーブルに運ぶところだった
とか。

 

足元がもつれて、「危ない!と思ったが、皿があったので
落とさない様にと、持ったままだったから尻からドーンと
落ちた」そうです。

もう激痛だったらしい。

しばらく動けず、やっとベッドにたどりついてフロントに
連絡。

 

近くに住むわたしにも連絡。

救急車で病院に向かうことになりました。

ストレッチャーに乗せられて救急車へ。

付き添いの私も同情して、

整形外科の先生に診てもらえるという病院へ。

 

簡単な問診のあと、検査です。

待つ間も整形外科は車椅子の人や、杖のひと、比較的元気
そうな人、様々の患者さんでいっぱいでした。

X線検査で「圧迫骨折」と判明して入院。

コルセットができるまではベッドで安静状態。

コルセットができ次第装着してリハビリを始めるそうです。

 

 

質問やら手続き

 

 

あとから叔父に聞いたのですが、

コルセットを作ることになって、現金で支払いますか?
それとも保険を使って作りますか?と聞かれたそうです。

3万円超の金額らしく、現金払いなら早くできますが、
保険適用なら1週間はかかります、とのこと。

 

とにかく早く退院したい叔父は「現金で払う!」

で4日後にはコルセットができるそうです。

 

そのあと、

既往歴の確認。

飲んでいる薬の確認。

叔父は6種類の薬を飲んでいるので、「お薬手帳」を持参
しています。

薬をたくさん何種類も服用して大丈夫なのか?

以前から疑問に思っていました。

その上、目薬もあります。

補聴器に「入れ歯」も必要。老眼鏡も。

 

タオル、寝巻き、等は「入院セット」として外部業者が
レンタルのサービスをしているようです。

毎日のクリーニング付き。400円/日

紙おむつのセットは500円/日。

両方で900円/日です。

 

本人が個室希望なので差額ベッド代が10000円/日。

 

 

入院期間は2週間(予定

 

 

圧迫骨折の場合、

コルセットができるまではベッドで安静。

トイレも行けません。

その間は、血栓予防のために足首の運動、

床ずれ予防のために、姿勢を変えることが必要。

 

コルセット装着後に、車椅子歩行?歩行器歩行?
と進んでゆくそうですが、介護認定もしたほうが良い
といわれました。

 

ここまでなんとか元気に頑張ってきた叔父は、
この状況をどう受け止めるのか、ちょっと気がかりです。

 

 

まとめ

 

 

ここまでは緊急入院から3日間の覚書です。

 

これまで私自身が病院とあまり縁がなかったことも
あり、わかりにくいことも多いです。

今度のことで、叔父が入居しているマンションが
「介護付き老人ホーム」であることも初めて知りました。

 

介護士さんがいて、希望すれば世話をしてもらえるの
ですが、叔父は自分でできるからと断っていたようです。

 

ちなみに夫の母も腰を痛めて、同様のホームに入居して
います。介護付きで、一時金とは別に月々の費用が12万円
ほどかかるようです。

 

叔父もそのくらいの月々の費用を払っていて、これについて
は意味がわからん!と言っていましたが、どうやら「介護」
費用だったようで、何だか色々心配になってきました。

 

叔父が入居している老人ホームは今後も安心して
住める場所なのかどうか。

叔父にもよく確認してもらわないと、と思ったのでした。

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP