白内障の手術と費用

白内障は病院にもよりますが、「日帰り」という
ところが多いです。

手術時間も10~15分程度。

さまざまな病院がHPで説明をしていますから、
近くの病院を調べてみるといいですね。

 

単焦点レンズと多焦点レンズ

 

これは水晶体のあった場所に挿入する眼内レンズです。

「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」があります。

単焦点レンズは保険適用で、

手術料は1割負担なら両眼で30000円
片眼で15000円

3割負担なら両眼で90000円
片眼で45000円

 

「多焦点レンズ」というのは、「単焦点レンズ」がいわば
遠近のどちらかに予め焦点を定めておくのに対して、
遠近どちらにも対応できるものです。

 

つまり「単焦点」ですと、遠くを見ることにした場合、
近くを見るにはメガネが必要になるわけで、逆に近
くに焦点を合わせると、遠くをみるのにはメガネが必要です。

「多焦点レンズ」は白内障の治療と同時に老眼も治せること
になります。

ただし「自費治療」になりますから費用がかかります。

自費治療の場合、両眼120~140万円
片眼60~70万円

 

これはレンズの種類によっても異なるようです。

 

また、いわゆる「先進医療」になるそうで「先進医療特約」
を付けた保険に加入していると給付が受けられるようです。

 

手術の内容、レンズについて、費用について、よく説明を
受けて納得するまで質問をして、病院を選びましょう。

 

手術の時期

 

目の手術ということでの不安、加齢による不自由さと
いう諦めによって、目が見えにくくても長い間我慢して
しまう人が多いようです。

 

好きな本が読めない、新聞が読めない、テレビが見にくい
生活の中で見えにくいのはとても困りますね。

手術でスッキリと見えるようになるなら、80歳になってから
手術するよりも70歳でするほうがいいのでは?

 

白内障の進行状態にもよりますが、あまり我慢するのも
考えものです。

一度挿入したレンズは半永久的に使えるそうなので、
クリアな視界が持てる毎日を楽しむほうが精神的にも
いいような気がします。

 

選択するのはあなた自身ですから、よく考えてみましょう。

 

まとめ

 

加齢は肉体のあちこちに影響を及ぼします。

目も耳も、(脳も?)そのほか、髪、肌、関節、筋肉・・・

「アンチエイジング」「抗酸化」「ポリフェノール」
「運動」「筋トレ」対抗策もいろいろ言われています。

なにもかも、というわけにはいきませんが、できること
はしておく方が良いと思っています。

目指せ!元気な70代!

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP