飛蚊症の原因と対策

「飛蚊症」をご存知ですか?

明るいところや、白い壁をみたときに、
目の前に浮遊物が飛んでいるように見えることが
あります。

まばたきをしても、目をこすっても消えません。

でも、暗いところではほとんど気になりません

こういう症状を「飛蚊症」といいます。

 

「飛蚊症」の原因

 

眼球の中のほとんどは「硝子体」というゼリー状のものが
占めています。

角膜と水晶体を通して入ってきた光は、この硝子体を
通過して網膜に到達します。

この部分で見ているわけです。

ところが、この硝子体に、「濁り」が生じると、その影が
網膜に映って。眼球の動きと共に移動して、まるで
虫や糸くずが飛んでいるように見えます。

これを飛蚊症」と呼んでいるのです。

この「濁り」ができる原因には、生理的なものと、病的
なものがあります。

母体の中で胎児の眼球が形成される途中では、
硝子体に血管が通っています。

この血管は眼球が完成すると自然になくなっていきます。

ところが、この血管の名残が硝子体に残存することが
あります。

これが「濁り」として飛蚊症の症状となることがあります。

これは健康な目にも起こる症状なので気にすることは
ありません。

 

また加齢によって、硝子体がゼリー状から液体状に
変化し、さらに収縮して網膜から離れます。

この変化が飛蚊症の症状となりますが、これも生理的
な現象です。

若い人でも近視の場合は、硝子体の剥離が起こりやすく
飛蚊症の症状になります。

 

以上のような場合は、特に治療の必要はなく、うっとうしい
と感じることはあっても、慣れてしまえば問題ありません。

 

ただし「浮遊物」が急に多くなったら要注意!

 

「浮遊物」の数が増えたり、形が変わったり、という変化が
あったときには、眼科を受診しましょう。

「網膜裂肛」とか「網膜剥離」という病気の可能性があります。

 

「網膜裂肛」は通院治療が可能ですが、「網膜剥離」
になってしまうと手術が必要です。

 

また、高血圧や外傷で眼底出血が起こると、その血液が
硝子体に入って突然飛蚊症の症状がでたり、視力が
低下することがあります。

「ぶどう膜炎」といって、目に炎症がおこったときにも
飛蚊症の症状があらわれます。

 

まとめ

 

「飛蚊症」はほとんどが病気ではありません。

実際、私は10年くらい前にこの症状があらわれました。

最初は非常に気になって、うっとうしくもあって
不愉快でしたが、いつのまにか慣れてしまいました。

 

いつも「浮遊物」が見えているわけではなく、白い壁
をみたときにあれ、っと気づく程度なので、気にしな
ければどうということはありません。

ただ、なんらかの変化があったときには眼科で検査
をするべきです。

大切な「目」ですから、早期発見が一番です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP