「老けない」方法!?

「老けない」ためのライスタイル、ご存知ですか?

知人の医師に言わせると「見た目を若く保つこと」

これが大切だそうです。

”実際、見た目が若い人は長生きしてますよ”と主張しています。

いや、ではそれをどうやったら保てるのか、そこを教えて!

と思うのですが。

 

 

 

「ビタミンD」に注目します。

 

ビタミンDの効果というと、

骨粗鬆症による「転倒リスク」の減少。

筋萎縮による「転倒リスク」の減少。

心筋梗塞の罹患リスクの減少。

ガンの罹患率・死亡率の低下。

「総死亡率」の低下。

が挙げられるそうです。

凄いですね、「ビタミンD」

さらに、皮膚、髪の若返りにもいいらしいです。

カルシウムと一緒に摂るとさらに効果的とか。

今まで「ビタミンE」にばかり注目していた気がします。

 

ビタミンDは、日光に当たることによって体内に形成されますが、食品から十分なビタミンDを摂るのが難しいようです。

ビタミンDの欠乏は筋肉痛や骨の痛み引き起こすと言われています。

特に「日光に当たらない」高齢者は、ビタミンD欠乏症を起こし易いそうです。

ただし過剰摂取には注意が必要です。

サプリメントで多くのものを摂っている人もいますが、共通する成分があると、知らないうちに過剰摂取になっている場合もあります。

どんな成分がどれだけ含まれているのか、チェックする必要がありますね。

まずは、一日の摂取量を守りましょう。

 

良い脂肪を摂ります。

 

これは、DHA,EPAという「オメガ3」に分類される脂肪酸を摂りましょう、ということです。

コレステロールや、中性脂肪の低下、血液サラサラ効果、動脈硬化の予防などに効果があるとされています。

 

さらに、
認知症の予防や、視力低下の抑制効果もあるとか。

「老けない」ためには大切ですね。

 

筋トレをします。

 

筋肉量は50歳を超えると急激にダウンするそうです。

1年に1%ずつ減って行って、10年後には10%も減ってしまう。

これは脅威です。

ですから「現状維持」のためにも「筋トレ」は欠かせません。

特に、筋肉が減ってしまうのは「下半身」です。

 

「太もも」の筋肉が減ってしまうと、脚を動かせなくなります。

「腹筋」が減ると、姿勢を保つことができなくなります。

 

下半身の強化には「スクワット」が有効です。

 

あの森光子さんも、なさっていたのは有名ですね。

毎日欠かさず、一日に150~200回もしていらっしゃったとか。

 

「スクワット」の正しいやり方は知っていますか?

 

わかり易いのは、

「椅子に座るつもりで座らないスクワット」

足を肩幅にあけて、後ろの椅子に座るつもりで

お尻を突き出す感じです。

この時、大事なのは膝を足のつま先より前に出さないこと。

 

ここに注意しないと膝を痛めてしまいます。

 

また背中は伸ばすこと。猫背になると腰を痛めます。

 

この2点に注意して「スクワット」をやりましょう。

 

最初は8回を2セットくらいから。

慣れたら徐々に増やしていきます。

無理はしないでくださいね。

 

まとめ

 

嬉しいことに筋肉はいくつになっても鍛えればつくのです。

ですから諦めずに、来年も、再来年も、10年後も、元気に動くため「筋トレ」を続けましょう!

 

プラス、ビタミンDとDHAなど、身体にいいものを意識して。

今のちょっとした努力と意識が、今後のあなたの姿を決めるのですから。

一緒に頑張りましょう!!

 

 



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「酸化」ばかりでなく「糖化」を防ぐアンチエイジング
ブログタイトル変更の理由・・・目標設定は大事!~輝く八十路を目指す!
「サーチュイン遺伝子」の活性化と若返り?
化粧品とアンチエイジング
トマト一日一個でアンチエイジング!
アンチエイジング化粧品の探し方
98歳の「現役」!
アーモンドのアンチエイジング効果
老化防止について~「加齢」と「老化」の違い・・・と言いつつ3年過ぎて・・。
「高齢者」は何歳から?
書店に並ぶ食事本・・・・!?
「医薬部外品」SIMIUSU 到着!・・・・さて、どうでしょう?
ビタミンCの効果を再確認!
コエンザイムQ10は有効か?
ビタミンCとアミノ酸・・・・これがベストかも!と思う63歳の夏

Menu

HOME

TOP