認知症の介護方法

朝のNHKテレビで認知症の介護についての
特集をしていました。

 

認知症の人が増えている、という現実。

これによって、日本は認知症の介護方法の先進国に
なっているそうです。

 

まあ、だからといって将来、自分が認知症になった
ときに安心できるか、ということは別問題ですが。

 

「水」をたっぷり飲む

 

認知症になると、水分補給量が落ちるそうです。

自分では喉の乾きを感じない。
または、失禁の恐れがあるので水を飲みたがらない、
ということもあるようです。

 

しかし、水分をしっかり補給することで、運動量が増え、
食事をよく摂るようになり、排泄も順調になる、
という実例が多数あるそうです。

 

確かに、熱中症で救急搬送される高齢者が夏になると
増えるのは、自分で水分補給をしないからでしょうし、
認知症になると余計にそこまではできないでしょう。

 

 

「ユマニチュード法」という介護方法

 

フランスの方が始めたという介護の方法が紹介されました。

 

認知症の方と「目線」をしっかり合わせることで、
コミュニケーションをとってゆく方法です。

 

相手の目線を捉えて、話しかける方法で、身体に触るときは
やさしく触る。

相手を驚かせたり、怯えさせたりせずに、まずは安心して
もらうのですね。

 

この方法で、認知症の方の状態が良くなり、顔つきも
すっかり穏やかに変わった様子も映像で出てきました。

 

認知症の根幹のところは回復しなくても、周辺の症状
である、徘徊とか、情緒不安定は相当改善されるよう
です。

 

特に家族で認知症の方を介護されている場合、かなり
参考になるのではないでしょうか?

 

「認知症」も「老化」のひとつ?

 

「認知症」も「老化」のひとつである、という認識が
もっと社会に浸透して、認知症になっても安心できる
社会を作らなければならない、とテレビでは出演され
ていた専門家が言っていました。

 

たしかに、今後の高齢化社会においては、「認知症」は
珍しくなくなるでしょうし、2025年には700万人になると
言われています。

これは65歳以上の人の5人に1人が認知症になる、という
計算になる数字だそうです。

 

さらに認知症の予備軍といわれる「経度認知障害」(MCI)
も含めると、2025年には1500万人を超えるのではないか、
ともいわれているようです。

 

こうなると人ごとではありません。

2025年には私は70歳です。

どんな70歳になっているのか見当がつきません。

もちろん希望としては、元気なしっかりした70歳
でいたいと思いますが、「認知症」の「中核症状」は
脳の細胞が破壊されて起きるそうですから、どのように
予防できるのかも考えておきたいですね。

 

ちなみに「中核症状」とは、記憶障害で、直前のことも
記憶できなくなるようです。脳が正常だったころの記憶
は残っていますが、やがてそれも失われてしまうようです。

そのほか、判断力の低下、見当識障害(時間、日にち、状況
が把握できない)があります。

 

 

「認知症」の予防

 

つまりは生活習慣の改善と脳を使うこと、これです。

食生活では、
◎ 野菜。果物を摂る(ビタミンC、E、βカロチン)
◎ 魚を食べる(DHA、EPA)
◎ 赤ワインを飲む(ポリフェノール)

週に3日以上の有酸素運動(ウォーキングなど)をする。

知的行動習慣をつける。
文章を書く(日記など)、読む、ゲームをするなど。

睡眠習慣
30分未満の昼寝、できれば朝、太陽光線を浴びる。

 

さらに「脳」の機能を鍛えるために、

 

「エピソード記憶」を鍛える
2日遅れ3日遅れの日記をつける。つまり記憶を思い出す
のですね。
またはレシートを見ないで記憶だけで家計簿をつけるのも。

 

「注意分割機能」を鍛える
料理をつくるときに同時進行で何品かを作る。
人と話す時に相手の表情や気持ちに注意する。
仕事や計算をてきぱきと行う。

 

「計画力」を鍛える
効率の良い買い物の計画を立てる。
旅行の計画を立てる。
頭を使うゲームをする(囲碁、将棋、マージャンなど)
やり慣れたことfではなく新しいことをする。

 

「予防」については「認知症ネット」というサイトを
参考にさせていただき一部引用しています。

 

このサイト内に「認知症チェック」というコーナーも
ありますから、よろしければチェックしてみてください。

 

 

まとめ

 

2025年には70歳!!

一番響いたのはここかもしれません。

立派な「高齢者」です。

いや、このころには別の呼び名があるかもしれませんね。

まあ、お互いに元気で、頑張りましょう!!

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP