夜行バスでチェックしたいこと 大阪東京

夜行バスはよく使っていましたね。

とくに若いときは夜大阪出発、早朝東京着で、帰りも夜行バス。

当時、早朝に新宿に着いたのですが、朝の新宿の、なんとも
いえないガランとした感じが印象的でした。

 

 

女性専用3列シート

 

 

夜行バスは、とにかく安さで選ぶ派でした。

3列よりも4列OK。

でも「女性専用」にはこだわりたい。

とはいえ、隣に男性はこない、という程度の「専用」です。

 

4列シートは真ん中に通路があって、左右に2列ずつ。

3列なら、座席。通路。座席、通路、座席、となっている
ので、独立性はかなり高いです。

やはり4列の場合、となりの人が多少気になりますね。

 

と言っても夜行バスは、出発してすぐに消灯。

ほぼ真っ暗状態になりますから、あとは寝るだけです。

 

7時間ほどで到着。

途中、トイレ休憩もあり、数人下りる人がいます。

トイレ付きのバスでも、休憩はあったように思います。

 

 

備品、環境など

 

 

「高級」な夜行バスには乗っていないので、
(それなら新幹線がいいです)知っている範囲ですが。

普通、ひざ掛け、スリッパ、足置き用スツール(とまでは
いきませんが足がのせられるもの)は用意されていると
思います。

場合によってはペットボトル。

 

靴を脱いで足を少し持ち上げる、これが大事です。

 

座席の前後の間隔が狭いと、ほぼ座った姿勢のまま
長時間じっとしていることになります。

 

一度そんな「狭い!」と思ったバスだったことがあり、この
ときは、さすがに足の血行が心配になりました。

 

「座席ゆったり」という条件は必須です。

今はほとんどのバスに充電用コンセントがありますね。

昔はなかったので、けっこう充電が大変でした。

 

 

発着場所の確認

 

 

夜行バスの場合、ちゃんとしたターミナルがないことが
多いです。

○○ビルの前、とか指定があるだけ。

まあ、だいたい、どのバス会社も、同じような場所から
出発しますから、行ってみればわかります。

 

その分、自分の乗るバスを間違えないようにしましょう

 

時間ギリギリにバスが到着して、係員がチケットを
チェック、乗り込み、ということが多いです。

 

夜ですし、ベンチがあるわけでもなく、冬は寒いです。

 

ここで特に発車の場所が大事になります。

たとえば、東京でしたら、東京駅八重洲口近くの某ビル
の前、というのが自分は好きでした。

 

比較的にわかりやすい場所で、近くにマクドなども
あって、待ち時間をそこで過ごせば安心です。

 

女性ひとりの場合は、バス待ちのできる安心な場所が
あるかどうか、また清潔なトイレがあるかどうか、を
チェックしておきましょう。
出発前にトイレに行っておきたいですよね。

 

到着は朝ですから、問題はありません。
あとは目的地に向かうだけです。

 

でも、出発は深夜ですし、ゆとりを持って待とうと
思ったら、安心して暖かく(もしくは季節によって涼しく)
いられる場所は確保しておきたいです。

 

夜行バスの場合、女性はできたらパンツスタイルがいいです。

 

スカートなら、着替えるようにしたいですね。

万一バスが故障したとか、アクシデントがあったときに、
動き易いほうがいいです。念のため。

 

 

ホテルで一泊の代わりに

 

 

夜行バスは、ホテルで一泊する代わりに、バスで一泊、
朝起きたら到着している、というリーズナブルな旅に
ぴったりな交通機関です。

 

時間が合理的に使えます。

 

ただし、「デラックス」タイプとかになると料金はさほど
安くなりません。

 

バスで寝ると言っても、そうそう熟睡できませんから、
寝たいならホテルをとるべきでしょう。

予定に合わせて、目的に沿って夜行バスを選びましょう。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP