「旅」へのあこがれ

何だ、このブログ。

ち~っとも面白くない!!

書いて楽しくないブログが読んで面白いわけがない!

・・・・と、今、反省中です。

アンチエイジングも気になるし、健康も筋肉も大事。

でも、「喜び」がある毎日が一番大事、と思う。

そういう喜びや希望や願いや・・・・・、そういうものも

書いていきたい。

青春の日々は過ぎても、湧き出る想いはたくさんあるのです。

 

「旅」に出たい願望

 

これは昔からあるのですが、主婦にはなかなか
難しいこと。

夫と息子という、「家庭科教育」をしてこなかった男性
二人を残して長期不在などもってのほか。

せいぜい一泊二日です。

まあ、それも今のように仕事をしていると、日程調節
が困難で。

 

いつかは仕事からリタイアしてのんびりしたい、とは
思うものの、そんなふうに「のんびり」している自分が
想像できません。

 

でも、「旅」に出たいなあ。

国内で十分です。

というか、一人旅がしたいので国内のほうが安心。

友達と一緒もいいのですが、彼女も仕事をして
いますから、合わせるのは結構大変なのです。

 

近場のバス旅行のパンフレットを眺めたりしながら
「旅」への憧れをそっと育てています。

それは「旅」というほどのものではなくても、
ちょっとした「非日常」の経験でもきっといいのだろうなあ。

 

たとえばコンサート。
(これは参加するアーティストが決まっている)

たとえばホテルでの朝食。

たとえば日帰り温泉でも。

そういう「日常」ではないものが時には必要です。

 

ゆったりと過ごせる場所

 

PCと共に、とか本を読みながらとか、
ゆっくり過ごせるお気に入りの場所がいくつか
あります。

そういう場所で、珈琲を飲みながらゆったり。

そんな時間も幸せな時間ですよね。

 

昔は一人で外食とか、喫茶店とか、まったくできません
でしたが・・・・・。

 

今は大丈夫。

単に経験の問題ですね。

 

そういう意味では、あまり慌てなくなりました。

 

でも、未知の領域はたくさんあって、60年生きてきても
知らないことはこんなに多いのか、とつくづく思います。

 

だから、日々が新鮮で、緊張感があるのですね。

 

これも大事なこと。

 

でも根底には「恐怖」が

 

昔、PTAや、自治会でいろいろ教えていただいた
先輩がお年を召して80代になっています。

 

まだまだお元気、と思っていたら、お身体もそうですが、
それ以上に「認知症」の症状があって、心配な状態に
なっています。

 

素敵な方だなあと思っていただけに、年齢を重ねる
ことの難しさを突きつけられたようで、ちょっと落ち込み
ます。

 

周りの人を見ると、80代後半から急激にお年を召される
ように思われますが、もちろん個人差がありますから、
お元気な方もいらっしゃいます。

 

でもほとんどの方が配偶者を亡くされていて、
やっぱりそれは寂しいのだろうと思います。

なんだかんだ言っても、人生を過ごしてきたパートナー
ですから。

 

できるなら「共に」老いていきたいものです。

 

いやいや、私のほうが若く見えるから!と言い合って
おりますが・・・・。

 

同志として年齢を重ねていければ、それも面白いので
はないか、と思います。

 

 





 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP