樹木希林さんが亡くなられました。

全身ガンで闘病中、と分かってはいても、まだまだと思っていましたから、突然のニュースに驚きました。

樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

 

安室奈美恵さんの引退もあって、平成という時代の終わりを感じています。

 

 

 

『平成』時代の終わり

 

 

予想外の自然災害。ゴタゴタ続きのジャニーズ事務所、パワハラが次々に暴露されるスポーツ界、

これらが重なって終末感がなんとなく漂っています。

この際、膿みを出し切って、新たな時代へと前進したいものです。

 

日本独自の元号制度というのも、時代の気分を変えるという意味では良いのかも。

実際過去の歴史上、たびたび元号は改正されて、いわば『人心一新』の役割を果たしてきたのですから。

平成の30年。

自分にとっては結婚して、妻として母として生きてきた日々ですが、何かを達成したわけでもなく、ただ生活の為に仕事をしてきた、というだけのような気がしています。

できるなら、これからはもっと何か違う生き方をしたいものです。

 

 

・・・・・実家の母は、乳がんの腫瘍が大きくなっているらしく、訪問看護の方が週二回、薬を塗って包帯を変えてくださるそうです。

高齢で、手術ができないそうですから、家で思うように暮らしたい、という希望通りに過ごせているので、良し、とするべきでしょう。

 

 

人生100年というなら、まだ先は長い・・・

 

 

やっと3分の二。

どれだけ寿命があるのか分かりませんが、諦めなければ、何かを成し遂げられるかもしれません。

と言っても、ささやかな自立、ちょっとした自由な時間。

まあ欲しいものは、そんなものです。

人生100年というなら、その時間をできるだけ使い切って生きたいですよね。

 

 

樹木希林さんは一語一語に説得力があって、怖かった、という若い俳優さんも多いです。

私の知っている90歳の元社長は、

「この人なら、小言を言われても、ご尤も!と納得できる」とよく言っていました。

全身ガンと戦いながら人生を見つめ、俳優の仕事を続けてきた人ですから、生き様がそのまま言葉にも表情にも表れていました。

 

結局、人はその本質が外見に出るものなのでしょう。

 

 

どんな顔で老年期を過ごすのか?

 

 

これは怖い、と思います。

もう取り返せない、というのか、どうしようもない。

80代90代になって、どんな顔をしているのでしょうか?

 

嫌ですね、怖いですね。

 

老年期、だいたい90歳以降としましょうか。

男性か女性か、判然としない人もいます。怖いです。

 

身だしなみを意識するのは大事なこと。放棄してはいけません。

前述した元社長は、服装にも、髪にも気を配るダンディな方です。

さすがに90歳を超えて足腰の衰えもありますし、耳も遠くなりましたが、気配りと観察力は変わりません。

好々爺ではありませんね。まだまだこちらが緊張しますし、ダメ出しもされます。

そういう鋭い部分も残しつつ、年を重ねていきたいです。

 

 

まとめ

 

 

今63歳ですから、100歳まではあと37年。

長い時間のようで、でも、過ごしてみれば、短いのでしょう。

そもそもどこで終わるか予測できない時間ですから。

この点は、若くても同じですね。

 

なんとか無駄にせずに、時間を使っていきたいものです。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

司馬遼太郎さんの「翔ぶが如く」
仲代達矢さん84歳・・「老年を全うする」
東京オリンピックで唯一走れなかった「聖火ランナー」‼️ あさイチより
「イリヤ・クリヤキン」との”再会”
「ジュリー!」と叫ぶ樹木希林さんを見ていた・・・!
NHKを見てしまうのは「老化」ではなく「成熟」?
大河ドラマが「らしかった」頃    「天と地と」「新・平家物語」
ミステリと言う勿れ TVer再生が多いのは
『鬼滅の刃』ジャンプでは最終回だそうで・・・・。
最近の「あさイチ」と「チコちゃん」
「燃えよ剣」の2020年の映画化は土方に岡田くん!!
「新撰組血風録」~栗塚旭・傘寿!
ミステリと言う勿れ を見て泣く
「ミステリと言う勿れ」最終回??
最初の『東京オリンピック』・・・1964年

Menu

HOME

TOP