仲代達矢さん84歳・・「老年を全うする」

雑誌で俳優・仲代達矢さんの記事を読みました。
({婦人公論」だったと思います)

84歳ですが、まだまだ現役。

映画も撮るそうです。

脇役ではなく「主演」です。

さまざまな「老年」を演じながら「老年」を全うしたい
とおっしゃっています。

 

映画「海辺のリア」

 

2017年6月公開予定。

監督・小林政広さんとタッグを組んだ3作目の映画です。

他の2作は「春との旅」「日本の悲劇」

 

「春との旅」(2010年公開)は、祖父と暮らす孫娘が、
祖父の暮らせる場所を求めて旅をするロードムービー。

「日本の悲劇」は自分が死んだのち、年金を息子に残そう
ちする年老いた父親の物語。(2013年公開)

 

「海辺のリア」は老人ホームから脱走した老いた名優が
自由に旅をして彷徨い、表題にあるように最後は「リア王」
のセリフを滔々と述べるらしい?映画です。

 

詳しい内容はこちらで確認できます。

演劇ニュース

 

特にこの映画は、ある意味「仲代達矢」を描いたと言って
もいいような映画です。

実はこうした一連の映画は「老年」をリアルに願いている
ぶん、ちょっとご本人には酷いのではないか、などと思って
いたのですが、とんだ間違いでしたね。

 

その年齢だから演じられる役があり、主演映画が撮れる
幸せがあるのですね。

仲代さん自身が、まだまだやりたい舞台があるとおっしゃって
います。

食事にも気を使い、運動もして、体力作りをして、舞台に
備えているそうです。

 

日生劇場

 

昔、日生劇場にはよく通っていました。

シェークスピアの舞台はほとんどここで観たのでは
なかったでしょうか。

仲代達矢さんを舞台で初めて観たのは、「オセロ」か
「マクベス」がはっきり覚えていないのですが。

テレビでは大河ドラマの「平家物語」をよく覚えています。

この頃からずいぶん時間が経ちましたが、今でも現役の
俳優さんとして頑張っていらっしゃるのは、とっても
嬉しいことです。

私自身が還暦を超えて、老年に向かっているわけですが、
この「老年に向かっている」と意識することが、けっこう
辛かったりします。

年齢を重ねることでのプラスはもちろんあると思いつつ、
身体の老化はやはりあれこれ感じるので、悲しくも
なります。

でも、仲代達矢さんが、84歳でまだまだ舞台に立って
いらっしゃる。

さらには、その年齢でしか演じられない役がある、と
おっしゃるのを聞けば、84歳には84歳の、味わいある
日々があるのだろうと思えます。

まとめ

 

今は61歳です。

もうすぐ62歳になります。

やがて70歳になり80歳になります。

それはどんな気持ちなのでしょう。

毎日を過ごすうちに気づいたらもう70,歳、みたいな
ことなのでしょうか?

 

「老い」は恐怖ではないのだなあ、とちょっと思えて
きました。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP