司馬遼太郎さんの「翔ぶが如く」

今年2018年の「大河」ドラマは「せごどん」

西郷さんの話ですね。

原作は林真理子さん。

 

大河ドラマは好きなのですが、このところけっこう違和感があります。

 

それはなぜだろう?と思うのですが、どうやら司馬遼太郎
さんの影響かもしれないなと感じています。

 

 

『司馬史観』?

 

 

こういう言い方があったような・・・・。

司馬さんの歴史小説を夢中になって読んでいたので、これが

正しい歴史、という思い込みがあるのかもしれません。

戦国時代と明治維新。

この変動の時代を描いた司馬作品はとても魅力的でした。

ですから、「大河」での三谷さんの「新撰組」には違和感
がありましたし、「真田丸」は、これはこれで楽しんだも
のの変則時代劇という印象でした。

 

「翔ぶが如く」は明治維新後、『征韓論」をめぐる明治政府
内の対立から始まっています。

大久保と西郷の考え方、またその配下の川路・桐野という片
や「大警視」として警察組織を作った男と、かつては「人斬
り」と言われ、「薩摩士族」として生きることを選んだ男と
の、生き方の相違、もちろん、そこには、若い頃からのさま
ざまな事柄が絡んでいるわけですが、登場するのはすでに
明治政府の高官となった西郷と大久保、それを取り巻く人々です。

 

おそらくこの「政争」はドラマにはなりにくく、かつての
NHKの大河ドラマ「翔ぶが如く」は西郷・大久保の青年時代
から描いていたように記憶しています。

 

このとき大久保を演じたのは、確か鹿賀丈史で、(西郷は西田敏行)
非常に好印象だったと思っています。

 

今回の「せごどん」はまだ原作を読んでいないので、なんと
も言えませんが、司馬遼太郎の世界とは当然ながら違ってい
ると思います。

 

そこを楽しめるかどうか、まず読んでみたいと思います。

 

・・・で言いたかったのは、歴史の見方は、司馬的視点だけ
ではない、ということです。

 

歴史を描く小説は、今もなお、面白く、十分に楽しませてくれます。

 

ただ、織田信長、坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作、土方歳
三、といった面々には、司馬作品のイメージがやはり強く
て、そこに描かれた彼らの魅力を上回るものがない、と感
じる現状があります。

 

そう言う意味では、「史観」に関係なく、小説として最高に
面白いものを残した司馬遼太郎がすごかった、ということな
のでしょう。

 

 

「歴史ドラマ」としての魅力

 

 

大河ドラマが面白くない、というのは、脚本による、という
よりも、かつての「大河」ファンが離れてしまった、もしく
はもはや存在していないからではないでしょうか?

 

時代劇には時代劇の形があり、面白さは一種の「重厚さ」
を背景にしていたように思います。

 

今は、衣装や時代が違うだけで、役者はテレビの人気タレント。

普通のドラマとあまり変わりません。

一年間という長丁場も、ドラマを面白くないものにしている
と思います。

 

もはや、昔のような大河ドラマは作れない、という前提で、
ドラマを楽しむべきなのでしょうね。

 

「せごどん」まずは見てみようと思います。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP