足がむくんでいませんか?

出来れば自分の足で歩き続けたい!

これが高齢者の切なる願いではないでしょうか?

歩くことさえできれば家で過ごせます。

買い物にもいけますし、旅行にだって。

 

膝が痛むようになり、杖が必要になり、歩くのが不安になり、諦めるようになると・・・、

車椅子が待っています。

そうなると自宅では過ごせなくなって、デイサービスの利用、次に施設。

 

今80代90代の方の多くは脚、もしくは足がむくんでいます。

 

気づいてからではちょっと遅いのです。

 

本屋さんに行けば多くの「運動」の本が並んでいます。

膝の痛みを直す、むくみの解消、筋肉をつける運動、などなど・・・。

 

足のふくらはぎは、第二の心臓といわれ、末端の血液を心臓に送るという大事な役目を持っています。

足の裏には大事なツボがたくさんあります。

 

足のむくみは、大事な足の機能を十分に働かなくさせてしまいます。

 

「運動」は大事ですが一番の問題が「続かないこと」ではありませんか?

 

 

毎日の習慣にしてしまいましょう!

 

ポイントはこれです。

一番いいのは「家事」

掃除、洗濯、炊事。

もう当たり前の家事です。

掃除。

もちろん掃除機は使います。

でも、ちょっとした拭き掃除はどうでしょう?

床の汚れとか、階段の端とか、窓の桟とか。

気になった場所をちょっと掃除しましょう。

 

洗濯はほぼ洗濯機がしてくれますが、干すのは?

たとえば我が家が階段を上がって洗濯ものを干しにいきます。

これ毎日ですから、上がったり下りたりを繰り返します。

 

炊事。

食器を並べて運んだり、また片づけたり。

頭も手も使います。

 

普段の家事をしっかりすることで、充分運動になりますし実際むくんでなどいられないです。

私は以前事務仕事で座ったまま、けっこう長い時間働いていました。

足はむくみましたし、お風呂でふくらはぎマッサージをたまにすると、もう痛くて、足の奥深くに固い塊ができていて、それをほぐすのにとっても時間がかかりました。

大体本に書いてあって、その「コリ」をよくほぐすことが大事だそうなんです。

足首もちょっと気持ち悪く太くなっていて、足「首」という感じが薄れて、くびれてないし~というありさま。

 

主婦なんですが、我が家の家事はいままでけっこう手抜きで。

なのでこの「家事」を仕事にしてしまおう!と決めました。

特に資格がなくても大丈夫、もちろん家よりも丁寧に、徹底的に、テキパキと、ではあるのですが。

 

仕事の行き帰りも極力歩きで。

すると、足のむくみはいつの間にか解消。

お風呂でマッサージをする必要もないくらい。

時には「しんどいわ~」と思う時もありますが、もう毎日の習慣ですから。

多少の収入にもなって、自分の健康づくりにもなる。

いつまでも自分の足で歩ける老後のために、今を頑張るわけです。

 

 

結局「楽」はできないけれども・・・。

 

 

なかなか「のんびり」はできません。

高齢の方の家事支援となると、一人暮らしの方が多くて、勝手にやすむわけにはいかないのです。

また、お互い、慣れた人がいい、というのもあって、よほどのことが無い限り、仕事は続きます。

でも、家族以外の誰かの役にたつというのは嬉しいもので、以前の仕事よりも「やりがい」を感じています。

 

まあ、こんなふうに生きてゆくのもいいのではないでしょうか?

決して贅沢な暮らしではありません。

ごく普通に暮らしていける程度の収入があって、元気であれば。

自分のことは自分でやって。

少しは「おしゃれ」もして。

今日も元気に頑張ろう!と思えれば上出来です!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

若作り・・・三つ編みとミニワンピース
”自粛”という「会えない時間」がもたらすもの。
「人生100年」時代の「資産管理」!?
65才からの介護保険料と介護保険について。
最期まで意識を保つ終末医療 「愛してる」は本当だ!
介護保険をどのように利用する? 「要支援」の場合
「自粛」解除で見えてくるもの。・・60代から「老化」への備えを!
仕事の「やりがい」と・・・
「親世代」の問題 80代90代の親たち・・・2018年の追記あり。
高齢者になって持ち家がないとどうなる?・・・気になる記事を発見!
保険に加入できない?!
老後資金2000万円って!?人生100年というのは2007年生まれの人の話なんですよ!!
60代からの働き方とは?
90歳、元気な人に共通すること‼️
「健康寿命を延ばすには”運動”」!!自立した生活を保つことが第一!!

Menu

HOME

TOP