気になるCM 日生の保険

最近のCMで高畑淳子&寺島進が出ている
保険のCMが気になっています。

これは、日本生命の個人年金保険”Gran Age”という
商品です。

 

終身受け取れる年金ですが・・・・。

 

終身年金というのは、もちろんこれまでにもありました。

保険料は高いですが、基本的には払込保険料以上
のバックがある商品です。

 

つまり保険料を払い終わっていれば、万一の場合でも
遺族が年金を受け取れるなどですね。

これによって支払った保険料以上の金額は戻って
きます。

 

ただし、こういうタイプの終身年金は加入年齢が早く
ないといけません。

 

ここで加入しそびれた人向きの保険が”Gran Age”
のようです。

50歳から加入できる、というのが特徴。

で、受け取りは「終身年金」

 

高畑淳子さんが言っているように「100歳まで生きる」
なら安心の終身年金になります。

 

死亡の場合「損」です。

 

まあいつかは死亡するのですが、この保険の場合、
男性は90歳、女性は94歳以上まで生きて初めて
払込保険料以上の年金が受け取れるようです。

 

たとえば80歳で死亡した場合、返戻金は30%とか
になるようです。
これは契約年齢や年金のプランによって違うで
しょうが、かなりの損です、
金額にして1000万円とかになりかねない。

 

現在90歳以上まで生きる男性は5人に一人
95歳以上まで生きる女性も5人に一人だそうです。

 

う~ん、
これはかなりの賭けですね。

五分の一の確率って。

 

こればかりは何の保証もありませんから、
自分の楽観的な思いだけですから。

 

この”Gran Age”についてもっと知りたい方は
検索してみてください。

 

ところで高齢者に保険は必要?

 

これは今から加入する場合です。

たとえば若い頃に加入した保険があって、
それが終身タイプなら、しかも払込が終わって
いるなら一番安心です。

 

そうではなくて「医療保険」とか「介護保険」
といった今後の不安のための保険のことです。

 

高齢者の医療費は、そうはかかりませsん。
また「介護」の場合も、公的な援助があります。

 

いまから保険に入って高額な保険料を払う意味
があるのか、非常に疑問です。

それならば、しっかり貯金、と思いますね。

 

まだまだ長い「老後」

 

・・・・というのも、かなり楽観的な思い込みかも
しれませんが。

 

金銭的な面でも、しっかり考えておかなければ、と
思っています。

 





 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP