「親のお金」

今日の「あさイチ」で「親のお金」についての特集が
ありました。

 

親がどのくらいのお金を持っているのか、預貯金や
ローン、負債も含めて知っていますか?

これに対して、多かった答えは、「聞きたいと思うが
聞けない」というもの。

親世代の方は、「聞かれれば答える」というもの。

 

どちらも、聞きにくい、言いたくない、ということで
あまり触れたくない話題のようです。

私の親の世代となると80~90代です。

認知症も気になりますし、介護状態にいつなるか
わからない、予測がつかない状態になっています。

 

「経済的虐待」?

 

親の財産を勝手に使ったり、あるいは子が管理して
親に使わせなかったりするのを「経済的虐待」と
いうそうです。

 

こういう言葉が出てくるあたりに、お金については
親子といえども難しい問題があると分かります。

 

子どもが予想もしなかった親の困窮ぶりが明らかに
なったり、親の預金の暗証番号が聞けなかったり。

 

親のお金は親が好きなように使ったらいいとは思い
ますが、入院することも、家では介護が難しくなって
施設に入ることもあるでしょう。

そういう資金は用意しておいて欲しいと思いますし、
そんな状態で認知症になったらどうすることもでき
ませんから、せめて委任状も含めて、必要な場合に
は子が親の財産を管理できるような体勢を作って
おかなければならないでしょう。

 

子どもからは聞きにくいというのであれば、やはり
親の方から子どもに託すべく準備をしなければ
なりません。

 

もしも子どもに託すことに不安があるのなら、後見人を
正式に決めるとか、何らかの形をつくっておくべき
です。

 

「子」の立場としては、少なくとも入院や施設への
入居への備えをしておいてくれれば、と思います。

 

そういうことを親と話し合う機会を作ることが一番
大事ですね。

 

「親」としての立場

 

「子」であると同時に「親」でもあるわけですが、
子どもはまだ学生。

 

かつ自分たちは、まだまだ現役と思っている
ので子どもに託すという気持ちは今はありません。

 

もしも夫婦どちらかが病気になったとして、どちらか
がなんとかするだろうと思っていますし、万が一どちらか
が先に逝ってしまったら、そのあとで、子どもと話し合う
ことになるのではないか、と思っています。

 

しかし子どもはひとりだけ。

できれば、親のいなくなったあとの始末に、負担をかけ
たくはありません。

 

家のこと、老後は「老人ホーム」のような安心できる
住まいに移るのか、ということも考えながら、これからは
物を片付けながら、もっとシンプルな生活にして
いかなければ、と思います。

 

まとめ

 

今後の日本は人口が減少してゆくでしょう。

 

現在の(近辺の)空家の多さをみても、住宅の問題
は徐々に改善されてゆくのではないかと思われます。

 

それでも先のことはわかりませんから、自助努力は
必要です。

 

一方で、予想外のことが起きるのも、また人生。

と考えれば、計画は狂うもの。

 

まあ、とりあえず、出来ることを粛々とやってゆくのみです。

 

健康で生き生きと暮らしていきましょう。

柔軟に物事に対応できるように、心も体もストレッチ
を続けていきましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP