高齢者が「一人旅」を楽しめない国!

 

 

たまたま90歳の方の体験談を聴くことができました。

この方は高齢とはいえ、耳が多少遠いこと、足元がやや
覚束無いこと以外は、お元気で、現役の頃は企業のオーナー。

引退後は好きな「一人旅」を楽しまれていましたが、ここ
数年不愉快なことが増えたそうです。

 

 

タクシーが遠回りをする

 

 

初めての場所でタクシーを利用します。

するとほぼほとんどの車が遠回りをするそうです。

甚だしいのは、まず反対方向に走り出すらしいです。

 

方向が違う、と注意するとなにかブツブツいいながら方向
転換するようです。

 

さらに目的地を告げているのに、途中で下ろされることも
あるとか。

山中の寺院に行きたいのに、途中で降ろされてここまでしか
無理です、と言われたこともあったとか。

あとからきたタクシーはちゃんと目当ての寺院まで行って
いるのに。

戻ってきたその車に乗り込もうとすると、様子を伺っていた
のか、始めのタクシーの運転手が「行けます」と言い出し
た、とか。

 

これは高齢のお客をどう思ってのことなのでしょう?

遠回りされて料金を水増しされるのは、ほとんど当たり前だ
そうです。

 

 

宿泊を断られる

 

 

予約しておけば(その場合年齢などは聞かれないので)とも
かく、たとえば食事だけの予定で、旅館の部屋をとります。

 

最近多い、日帰りで食事と温泉が楽しめるフランですね。

食事のあとで、一泊したくなって、そう伝えると、仲居さん
は空室があると言っていたのに、マネージャーが
「お部屋の空きがなくて・・・」と断りにきたそうです。

 

「老人がひとりでは心配で、断ってしまったほうが気楽なの
じゃろう」

とご本人が言っていましたが、そうなのでしょうか?

 

若い人をお供に連れていけば、まずそんなことはないそう
ですが、一人旅をのんびり気ままに楽しみたいのに、
楽しめない、と言っていました。

 

 

「舐めとんのか!」という怒り

 

 

これは、いろいろな場面で感じるそうです。

耳が遠いので補聴器を使っていますが、補聴器というのは
微調整が難しくて、周りの機器や環境によっても聞こえに
くくなるそうです。

 

ですから、人の話が聞き取りにくいことが多いのですが、
そうなると、相手がまともに話をせず、適当に済ませよう
とするようですね。

たとえばお医者さんでも、きちんと説明してくれる人は少
ないといいます。

 

耳が遠いだけで、頭脳はしっかりしているのに、「老人」
扱いして(怒!)となるわけです。

 

文書にするとか、一手間かけて、ちゃんとコミュニケーショ
ンが取れればいいのですが、そのような工夫がありません。

 

 

高齢化社会と言いながら、また、高齢者が消費を支えている
などと言いながら、高齢者をいわば「食い物」にしているよ
うな「詐欺」も増えています。

 

「詐欺」とは言わないかもしれませんが、袋一杯の薬を持っ
ている高齢者を見ると、医者や薬局、薬剤会社が儲けている
のだなあ、と思います。

 

4種類以上の薬の服用による副作用については、きちんとし
た研究さえされていない、という現状。

 

高血圧、気管支、狭心症等の薬を、毎日たくさん飲んで
いいのか?と思います。

 

結局は、自分の体は自分で守る、という意識を持たないと
いけないのでしょうね。

 

 

まとめ

 

 

誰もがゆく道なのですから、そこのところを「よ~く」
考えてみましょう、としか言えません。

 

頭脳明晰な高齢者は大勢います。

 

「高齢者」というくくりでは、語ることができません。

 

「若者」も「熟年」も人それぞれ。

その人らしく生きられる社会であることが、一番大切です。

 

「長生きし過ぎた」などという思いを持つことがないよう
な、社会を作ることが急務でしょう。

 

・・・が、この国の現状では難しそうですね。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP