NHKを見てしまうのは「老化」ではなく「成熟」?

最近テレビというとなんとなNHKを見ています。

特に何も考えずにTVをつけると、まずNHKにする。

昔はほとんど見ていなかったのに、知らなかった
ドキュメンタリー番組に妙に感動します。

 

 

72時間?

 

たとえば、72時間一定の場所にカメラを置いて、やって来る
人にインタビューする、という番組。

放送時間を把握してはいないのですが、たまたま出会って
数回見ています。

先日は大型トラックの駐車場だったでしょうか?

そのほか、

カバン屋さんだとか、お寺で修行する人たち、とか。

うろ覚えですが、見ているときは結構見入っています。

 

 

葛飾北斎の「ブルー」と「応為」

 

 

先日は北斎の「ブルー」の色を解明する番組に出会って、
これまで、常識程度にしか知らなかった北斎に俄然興味
が湧きました。

70歳をすぎて、ようやく絵がわかってきた、と言い、
86歳90歳になったらさらに上達するだろうから、
100歳までも生かして欲しいものだ、と願ったとか。

 

NHKが「科学的に」解明した「ブルー」

特に、小布施の祭屋台の天井の波図、

これが出色でした。

波から宇宙へと広がってゆく世界。

さらにこの波を描いた周りの色彩豊かな鳥・花・天使
の世界は北斎の娘「葛飾応為」が描いたそうで。

 

「夜桜美人図」や有名な「吉原格子先之図」に
改めて感動。

 

知らなかった世界が開けたようで、嬉しいです。

 

 

「生きるエネルギー」への憧れ?

 

 

これを書きながら思ったのですが、つまりは、いろいろな
人たちの「生きるエネルギー」に触れるのが、きっと気持ち
いいのだろうなあ、と。

 

どこまでも描くことを極めようとした北斎。

また、その北斎の「色」を解明する専門家の情熱。

ドキュメンタリー番組のすごいところは、いわゆる
「脇役」の登場人物にも存在感があって、今を生きる
熱意が伝わってくるところです。

 

自分からこれを見ようと意図したわけでなく、偶然の
出会いのように巡り合って感動する。

そんな時間を楽しんでいます。

 

 

「成熟」と「老化」は紙一重?

 

 

あえて言えば、

精神は成熟し、肉体は老化してゆくのが自然の流れか。

 

と達観できるほどに成熟しているわけではありません。

 

知らないことが多過ぎる。

あれもこれも、と思っても時間が足らない。

 

仕事もやめたくはないし、特に熱中できる趣味もない。

なんだか時間の使い方に余裕がなくて、悲しいですが
まあ、まだまだこれから、と思ってやっていこうと
思います。

 

まず、北斎と応為について、少し勉強してみます。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP