「麻雀」の効能?

最近は「雀荘」が減ったとかいう記事を随分前に
読んだ記憶があります。

そういえば、息子は麻雀をしませんし、たぶんルールも
知らないと思います。

 

「雀荘」というと、大学近くで、先輩に連れていかれ店
があって、そこで麻雀をする人たちがものすごく『大人」
に見えたのを思い出します。

 

 

麻雀は人生の縮図?

 

 

麻雀好きの先輩がよく言っていましたね。

思いがけない局面がやってきたとき、どうするか?

たとえば、大きな手ができそうならそこに拘るか、
それとも勝負に徹するか?

 

考えても、いきなり運次第で逆転されることもある。

 

「麻雀は人生の不条理そのものだ!」

 

先輩といえども学生の言葉ですが。

そんな言葉に感動したものでした。

役を覚えて何度かしましたが、それほどには嵌まり
ませんでしたね。

 

4人が揃うことが難しかったこともあったでしょうが、
そもそもあまりゲームそのものが好きでないのでしょう。

 

ところが、意外に、というのか、夫が最近オンラインの
「麻雀」に嵌っているようです。

一人でも時間があるときにできるのがいいらしいです。

 

こちら。



麻雀牌が見やすくきれい!
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」

 

画面は確かに綺麗です

 

 

PCの画面もですが、タブレットがいい感じです。

 

なんとなく、「麻雀」という感覚があります。

初めてですとポイントが入手できて、それで遊べます。

 

忘れていた役も思い出しましたね。

 

まず「大三元」白・発・中のあれです。

「りゅーいーそー」は緑一色。

文字ばかり集めるのもありましたね。

ま、私はそんな程度なのですが。

 

 

「頭脳系」ゲームとして注目されている?

 

 

どうも、「老化防止」「脳活性化」のゲームとしても
注目されているようです。

 

昔は喫煙・賭け事・徹夜といった暗いイメージでしたが、
今は違うようです。

 

「健康麻雀」といって、酒・タバコなし、賭けなしの
麻雀が、平成の麻雀だそうです。

 

オンラインなら一人でも楽しめますから、いいですね。

 

夫も「脳を使うから」とか言いつつ、楽しんでいる様子。



麻雀牌が見やすくきれい!
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」

 

実際に認知症予防にもいいと言われているようです。

 

 

まとめ

 

 

麻雀を楽しむシーンというのは、最近ですと
あの「やすらぎの郷」にありましたね。

 

昔の日本映画やドラマにもありました。

 

なんとなく麻雀をする人に対する憧れがあるのは、
若いころの「先輩」のイメージがあるからでしょうか?

 

『大人」というのか、人生の先達というイメージが
根強く残っています。

脳の老化防止のために、始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP