「無料」の廃品回収に注意!

「あさイチ」での話題です。

6月の梅雨の時期、家の片付けをする人が
多いそうです。

なぜかというと、雨で外出できないので、家の中で
片付けをはじめるらしい。

 

そこにやってくるのが

「無料」でいらなくなったものを回収します

というスピーカーで廻ってくる回収車。

 

梅雨時、しかも高齢者に被害が多いらしい。

 

消費者センターへの相談は高齢者が半分以上らしいです。

「無料ですね」と確認すると、

「・・・・・・・(笑顔)」

 

ところが、不用品を車に乗せたあとで、

「回収費は無料だが、荷物の搬入費はかかります。
6万円」

とか言われるらしい。

 

すでに車に積んでいるので、自分では降ろせない
ため、泣く泣く払うらしいです。

 

そんなときは、すぐに警察に連絡してくださいと
消費者センターでは言っています。

 

被害に遭わないために

 

やたらに「無料」「無料」というところには注意。

チラシに携帯番号しかない業者には注意。

自治体に連絡して有料で引き取ってもらうのが
安心です。

 

そもそも、不要になった電化製品、PC、家具などは、
有料での処分が当たり前、と認識するべきなのです。

 

・・・・でも、「有料」ってなんだかねえ、とつい思って
しまう。

そんなあなたは、(自分もそうなのですが)
不法投棄や環境汚染に、実は手を貸している
かもしれないのです。

 

お金を払ってひきとってもらうのが当然

という意識を持つようにしましょう。

 

「リユース」という方法もあります。

 

不要になった家具などを買い取ってくれる業者
もあります。

実店舗を持っていて、業者がつくる団体に加入
しているところなら安心かも。

 

「白い家具」は人気があって、買い取ってもらえる
可能性が高いそうです。

 

電化製品は製造から8年以内のもの。
炊飯器、洗濯機など、普通にたくさん流通している
ものは買い取ってもらいやすいとか。

 

トラブルにならないように、業者を見極めることが
大事ですね。

 

まとめ

 

なにかの「被害」にあうのが「高齢者」と言われると
悲しいですね。

 

確かに家にいて、つい、電話や訪問で詐欺に遭う
可能性が高いのかもしれませんが。

 

また、そういう高齢者を狙っている悪人もいるので
すから、やはり自分のことは自分で守らなければ
なりません。

 

情報が溢れている現代ですから、必要なものを
取捨選択して、賢くならなければいけませんね。

 

必要な経費は惜しまない、と考えて、合理的に
処理するのが、結局は一番いい、ということなの
かもしれません。

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP