夫の白髪

昔、夫は「白髪に憧れる」と言っていたものですが、最近は言わなくなりました。

まあ、言わなくてもありますし・・・。

 

 

言わば「同志」でしょうか

 

 

もう結婚して30年以上になりました。

大学の同級生ですから、同級生感覚はずっとあります。

今では共に生きてきた「同志」のようでもあります。

と言っても同じ志をかかげてきたのではなく、お互いにやりたいことをやってきたのですが。

 

ただ言えることは、たぶん世界の誰よりも夫のことを分かるのは私だということです。

 

 

 

 

夫もきっと同じように思っているだろうと思います。

夫婦というのは本当に不思議なもので、当事者にしかわからない繋がりがあります。

 

子どもとの繋がりは親子という血の繋がりですが、夫婦は他人です。

 

鬱陶しく思うときもあります。

それでも、まるっと理解できて分かり合える唯一の人なんですね。

実の親とも友人とも違う、異性だからこそ分かり合えることがあって、もちろん異性だからこそわからないままのこともある。

そういうことも含めて、やはり共に生きてきたパートナーなのです。

 

まあ、これは人類愛みたいなものでしょうか。

 

もしも今、夫を失うようなことがあったらひどく寂しくなると思います。

 

 

着かず離れず

 

 

「付かず」かな?

これまでもそうでしたが、いつも二人でいる夫婦ではありません。

 

自分のことは自分で決めてやってきました。

仕事もそうです。

ただそこには、なんというか「矩を超えず」というような暗黙の了解があったように思います。

自分だけの思い込みかもしれません。

何かに夢中になるとそこに突っ走るところは同じ。

でも、お互い視野が少しずれていて、自分の見えないものを指摘してくれる。

また最近はモノの言い方のコツがわかってきて、言葉数が少なくても伝わるようになってきました。

ちょっと遅いかもしれませんね。

 

相手に怒ることもなくなってきて、そう言う人だから、と諦めるようになってきた。

人は変わらないなあと思いますが、変わるところもたくさんあると分かりました。

人に対する多様な見方、言葉遣いへの配慮、ひとこと飲み込むタイミング。

日常のさりげない過ごし方が変わってきたように思います。

これが年齢を重ねてきた結果なら、悪くない。

そう思っています。

 

 

まとめ

 

 

夫は今日63歳になります。

私は62歳。

 

若いつもりでいても、もう還暦を超えて、肉体の衰えも感じます。

身体を鍛えるのがほぼ趣味な夫は、腹筋を誇っていますが、う~ん、ちょっと筋肉が落ちているような・・・・。

 

アンチエイジングに励んでいる自分は、かなりの老化を感じています。

視力しかり、足元のおぼつかなさもあって。

 

いずれ一人になるときが来るのでしょうが、できるならこの唯一の「同志」ともうしばらくは過ごしていたい、と思っています。

 

 

追記。

なんとなく自分の方が長生きすると思っていましたが、正直分からなくなりました。

 

これを書いたのは夫の誕生日です。

それから半年余り。

今は、自分の体調に不安をかかえています。

 

健康については、それこそ根拠の無い自信を持っていたのに。

 

時とともに物事は変わってゆきますね。

 

 

 




 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP