スイッチが入る瞬間は?

誰にも自分にスイッチが入る瞬間があると思います。

それは、どんなときでしょう?

ちょっと参っていても、これがあれば元気になれる、とかこれを読めば力が湧くとか、これを見ればやる気になる、とか、そういうものがありますか?

 

 

 

 

大好きなものだから

 

 

 

たとえば、大好きな本、大好きな人、大好きな言葉、弱くてすぐにネガティブになってしまう心を救ってくれるのは、そんな「大好きな」ものたち。

 

人は自分の気持ちを強く保ち、さらに前に進もうとすれば、日常のルーティンだけでは足りないのです。

 

毎日の仕事、毎日の家事、時間に追われて繰り返す行動からは、新たなパワーは生まれません。

 

昨日と違う明日、これまでとは違う未来、そういうものを信じようと思えば、自分にスイッチを入れる必要があります。

 

もちろん、毎日のルーティンだけで十分と考える人もいるでしょう。

それはその人の選択です。

ただ、年齢に関係なく、いつまでも追いかけたい夢があるかもしれない。

 

いつでも前向きに生きたいと、何かにチャレンジしたい、と思うかもしれない。

 

そういうときのエネルギーになるのは、自分の背中を押してくれるスイッチです。

 

 

あなたのスイッチは何ですか?

 

 

あなたを動かすもの、

あなたを元気づけるもの、

あなたをあなたらしく活かすもの、

それは何ですか?

 

まだまだ頑張ろう!と思わせてくれるもの、

まだまだこれからだ、と思わせてくれるもの、

夢や希望を育んでくれるもの。

 

それはあなたの心を燃え上がらせてくれる「言葉」であり、「存在」ではありませんか?

 

大好きな本でも、大好きなタレントさんでも、大好きなスポーツ選手でも。

あなたに力を与えてくれるもの。

それが、あなたの大事なスイッチです。

 

・・・それは、あなたの大事な家族かもしれませんね。

 

 

前に進むこと

 

 

元気なときは走って、疲れたら歩いて、時には休んで。

少しでも前に向かっていきましょう。

それが生きることではないか、などと思うこの頃です。

 

いくつになっても、人生を楽しみたい。

楽しむというのは楽をすることではなくて、チャレンジを
すること、学ぶこと。

自分の可能性を広げることです。

 

可能性を信じることです。

 

昔の本のタイトルに「あなたの胸に火をつける言葉」というものがありました。

 

確かに、そういう言葉はあるのです。

 

人によって違いますが、誰もがそういう言葉を持っているはずです。

 

今、あなたが気落ちしていて、毎日が味気ないのなら、あなたの心を熱くするスイッチを押しましょう。

 

激しく燃え上がらなくてもいいのです。

燃やし続けることが大事です。

 

まとめ

 

 

こんな文章は、

よけいなお世話です。

別に言われなくても構わない。

おせっかいです。

 

それでも時々、
目の前が真っ暗になりませんか?

 

なにもかもが徒労に思えて、自分は何だったのだろう?と、分からなくなって。

 

なにもかもがつまらなく思える。

 

ま、疲れているのか、寝不足なのか。

 

原因はいろいろあるでしょう。

 

そんなときに元気になれるスイッチをひとつ、持っておきましょうね。

 

 

 




 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP