デイサービスとは?どんなところ?

高齢者を対象にしたデイサービスを見てきました。

 

いわゆる「見学」というのではなく、知人が社長をして
いる会社のデイサービスとはどんなものなのか、実態を
知りたいと思い、見せてもらうことにしたのです。

 

関西の高級住宅地として有名な場所にあるデイサービス
施設を訪ねました。

 

 

デイサービスの一日・利用者の目線で

 

 

私の友人のお父様は週に3回デイサービスに通って
います。

友人にとってはとても有難い時間になっているそうです。

家族にとっては高齢者の世話から一時解放される時間
ですから、必要な時間ですね。

 

また、高齢者本人にとっても、会話ができる場所、
体操ができる場所、入浴ができる場所という必要な場に
なるのです。

 

ですからデイサービスセンターというのか、そういう
場所はあちこちにできています。

 

そして「入浴」ができるのが一番の魅力のようです。

 

「会話」については、集まるメンバーが比較的に介護度
が低い人なら成り立つようですが、重度の介護状態ですと
ほとんど不可能です。

 

囲碁の好きな方は嬉々として楽しんでいらっしゃいます
し、お相手がやってくるのを心待ちにしていらっしゃる
ようです。

車椅子やステッキが必要な方にとっては、ふだんできない
運動ができますし、マッサージの先生がいらして、凝った
身体をほぐしてもらこともできます。

 

 

デイサービスの一日

 

だいたい専用の車で各家庭に送迎サービスがあります。

 

施設によっても違うでしょうが、朝9時半ごろから
16時ごろまでが標準のようです。

 

朝、施設に着くと、まず血圧、熱、体調のチェック。

手洗い、うがいをして、熱いお茶を一杯。

午前中に順番に入浴。

12時に昼食。

15時におやつ。

その間に、軽い運動やマッサージ、昼寝など。

16時に送迎の車で帰宅、というスケジュール。

 

介護度が重い人が多いところと、軽度な人が多いところと
両方見せてもらいましたが、経営母体が同じなので、
スケジュールはほぼ同じでした。

 

ただ、重度の人が多いところは、利用者同士の会話は
ほとんどなく、テレビを見る、横になっている、椅子に
座ってじっとしている、というふうで、ヘルパーさんの
声だけが聞こえていました。

 

 

入浴と食事

 

やはり介護度によってヘルパーさんの大変さが違います。

 

ある程度自分で服の着脱ができる人であれば、入浴の
お手伝い程度でいいのでしょうが、そうでない人の場合
は本当に大変です。

 

特に男性で自分では立てない人ですと、まずオムツを
しています。

服の脱衣だけでも女性のヘルパーさんは大変です。

二人がかりで、一人が身体を支え、ひとりが服を脱がせ
ます。車椅子から入浴用の椅子に移動します。

この移動中におしっこやウンチをしてしまう人も
いるそうです。

入浴後は、またオムツから下着、服を着せて濡れた髪を
乾かし、ようやくひとり入浴完了です。

 

この日はそういう男性が4人もいて、そのうち3人は口が
きけません。

家では、ほとんど入浴はできないので、ここでの入浴が
楽しみらしく、ヘルパーさんも一生懸命です。

 

食事は普通食が無理な人は流動食になります。

自分では食べられない人には食事の介護が必要です。

けっこう時間がかかります。

 

施設

 

おおきなテーブルが6つくらい。

椅子はゆとりを持って置かれています。

車椅子が入ることもありますから。

ベッドが様々な場所に3つ。

 

全体にゆったりとしたスペースです。

脱衣所、お風呂も十分広いです。

トイレも3つあって、ひとつは車椅子用です。

奥に、キッチンがあって、ここで食事やお茶の用意
をします。

 

食材は毎日届けられ、それを再加熱して使うようです。

毎回デザートがあり、3時のおやつもあります。

 

もちろん冷暖房完備。

窓が大きくて明るいです。

大きなテレビもあります。

 

この日は利用者の人が7人。

 

男性4人女性3人でした。

 

ここは重度の方が多いこともあり、ヘルパーさんが
不足気味で困っているとお聞きしました。

 

確かに目を離すと勝手に出ていってしまう人もいて、
これは大変、と思いました。

 

まとめ

 

デイサービスは利用者にとっては有難い場所だと
思います。

ここでしか着替えをさせてもらえない人もいる、と聞き
ました。

しかし、働くヘルパーさんにとっては、特に重度の人
の世話は大変です。それだけに、交代制でないと無理
が出てきますし、十分な人数はなかなか確保できない
らしいです。

 

ここを利用している人は、おそらく比較的に恵まれた
方ではないか、と思います。

それでも、身体が不自由になれは、家族だけでは世話
が難しくなります。

本人にとっても家族にとっても、必要な場所です。

そのことは良くわかりました。

 

・・・・・しかし、年齢を重ねるということが,
こういう場所に行き着くことであるなら、ちょっと悲しい
というのが本音です。

 

幸いなことに、私の母も義理の母もまだまだ元気です。

 

二人とももう90歳です。

将来のことは分かりませんが、できるだけ元気で、
健康に過ごしたい、と改めて思いました。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP