暑さ対策 家での熱中症を防ぐ

昨日知り合いが熱中症で救急車で運ばれました。

突然気分が悪いといって蹲ってしまったそうです。

 

それまでは元気そうにしていたのに。

 

後で聞くと、体内の水分量が極端に少なくなって
いたそうです。

 

 

「家」での熱中症に注意

 

これはよく言われることですが、喉の乾きを覚える
前に定期的に水分を摂りましょう。

 

冷たいものばかりでなく、できれば常温の麦茶などを。

 

汗をよくかくならスポーツドリンクも。

 

エアコンでの冷やしすぎも避けたいものです。

 

 

カーテンで日光を遮り、扇風機を使って室内の
空気を循環させます。

 

部屋着はあまり身体を締め付けないものを選びます。

綿や麻のような自然素材のもの、

またはスポーツウエアで即乾性に優れたものがいいでしょう。

 

こまめにシャワーを浴びるなど、気化熱を利用して体温
を下げることを意識します。

 

入浴時には

必ず入浴の前後に水分補給をします。

 

ゆるめのお湯で半身浴をしましょう。

 

熱いお風呂は体を疲れさせて、また身体が熱くなると
眠りにくくなりますから。

 

できれば室内でも体を動かすように意識します。

暑さに体を慣らし、汗をかきやすくするのが大事です。

代謝をよくして、体内の循環を促します。

 

 

外に出て、暑さに体を慣らします。

 

日傘・帽子は必需品です。

飲み物も忘れずに。

 

無理をすることはありません。

我慢せずに、店舗や公共施設で一休みできるところ
があれば利用します。

 

室内に篭っていると、体もサボってしまって代謝が
悪くなったり、体内温度の調節がうまくいかなくなったり
します。

 

あまり外出しないのであれば、簡単な筋トレ、体操
などで身体を動かすようにしましょう。

 

 

食べ物で熱中症対策

 

夏は食欲がなくなりがちです。

元気に夏を乗り切るためには、栄養バランスのとれた
食事が大切です。

 

「梅干し」

 

汗をかくことで、体内の熱が放出されます。

これは体内温度を下げるのに必要なのですが、
汗と同時に塩分も出ていってしまいます。

これを補うために、塩分を補給します。

梅干しは、塩分補給とともに、疲労回復効果が
ありますから、できれば、水分と一緒に意識して
摂るようにしましょう。

 

すいか

 

夏のくだものにはミネラルがたくさん含まれています。

桃、メロンもそうですね。

食欲がないときも、果物なら食べやすく、水分も摂れます
から疲れているときは果物を食べましょう。

 

バナナ

 

バナナにはカリウムが多く含まれています。

体内のカリウムが少なくなると、脱水が起きやすく
なりjますから、しっかり意識して摂るようにします。

ほうれんそうもいいですね。

 

ビタミンB群

 

夏バテには「うなぎ」

と昔から言われますが、うなぎにはビタミンB1が含ま
れています。

これで疲労回復、ひいては熱中症の予防をしましょう。

 

暑い時は冷たいものばかり食べたくなります。

夏野菜のナスやきゅうり、トマトには体温を下げる
効果がありますが、できれば加熱して調理法を工夫
してみましょう。

体調維持のためにも、冷たいものばかりにならない
ように注意しましょう。

 

まとめ

 

ここ数年、真夏の気温が上昇しています。

家での熱中症で救急搬送される人が急増しています。

 

動かずにいると意識されにくいので、時間を決めて
水分を摂るなど、喉が渇いたと思う前にしっかり水分
補給をします。

食事もきちんと摂って、塩分の補給も意識しましょう。

熱中症は重症になると危険です。

急に気分が悪くなり意識がなくなることもあります。

特に高齢者は要注意です。

水分・塩分を摂って夏を乗り切りましょう。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP