バッグ選びが難しい リュックと斜めがけ

バッグ選び、というよりも、

リュックと「斜めがけ」のバッグの使い方が分からない。

 

身に合う、というのか、

おかしくない使い方、というのか、

要するに、使いたい気はあるのだけれど、

どうもうまく身につけられない、という感じ。

 

「リュック」 「ななめがけ」が似合わない

 

「リュック」というといかにも「ウォーキング」中という
服装でないと使えません。

 

最近みんなおしゃれなリュックバッグというのかしら、
持っていますよね。

 

アウトドアの服装以外で、
どんな服に合わせたらいいのかが分からない。

まったくしっくりこない。

 

また、「斜めがけ」にするバッグ。

すでにいくつか持っていますが、全然使いこなせて
いません。

まず「斜めがけ」に抵抗があります。

次にバッグがちょうど良く落ち着く場所がわからない。

 

ベルトが長すぎると妙にバッグの位置が下がりすぎて
使いにくいし、短いと明らかに全体のバランスが悪い。

もう、どうしたらいいんだ!という感じですね。

 

そもそもそういうバッグに似合う服がない。

カジュアルな服装といっても、そのカジュアル加減が
微妙です。

ちょっと年配の方ですと、リュックはあの震災のときの
「買出し」スタイルになってしまう。

「斜めがけ」もなんだかへんてこ。

 

かっこよくない。

スマートではない。

結局は普通のショルダーバッグやトートバッグに
戻ってしまうのです。

 

あこがれは両手を空けること

 

「あこがれ」というと大げさですが、万が一の転倒に
備えて、できれば両手は空けておきたい。

持つバッグも軽いものがいい。

 

やはり革のバッグは重たいですから、ナイロンなどの
軽いものを選びたい。

無理せず、そこから始めましょうか。

ショルダーバッグやトートバッグの素材を変えてみる。

それなら、なんとか服装ともマッチしそうです。

 

60代のオシャレって何だろう?

 

ことさら「60代」という気はないのですが、「大人」の
おしゃれというのか、若い女性ではなく、かと言って
「お母さん」でもなく、「熟女」というほど熟してなく、
まあ、この年代。

 

自分としては、シンプルで上品、というのが理想なの
です。

白のシャツブラウスにパンツ、みたいな。

カツンとしたスーツではなく、もっと自由で自然な感じ。

 

この年代になると、これまでの生き方が顔にも身体にも
出てくると思うのです。

いまさら性格は変えられないし、これまで積み重ねたもの
でやっていくしかないけれども、好奇心は持っていたい。

できるだけ諦めたくはない。

そういう気持ちが、たとえば歩き方に、たとえば姿勢に
出るのだと思います。

 

服の選び方、靴の合わせ方、バッグの持ちかた。

全てがその人を語る、というのか、表してしまう怖さ。

その怖さに気づくこと。

それが年齢を重ねることの意味なのかな、と最近思って
います。

かと言って
「これが私ですけど、なにか?」
というほど開き直りたくはない。

 

まあ、なんだかんだ言っても、周りから見たらただの
おばさんでしょうから、こんなこだわりは意味がないの
かもしれませんが。

でも、しばらくは「拘って」いこうと思っています。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP