60代まだまだ働く女性たち

さすがに60歳を過ぎると、正社員からパートになる
人が多いですが、まだまだ働きます、特に女性は。

どうも私のまわりでは男性よりも女性のほうが元気です。

 

パートで働く

 

パートにも色々な仕事があります。

大企業ではなく、小さな会社では、ベテランさんが
60歳を過ぎても働いているケースもあります。

ヘルパーさんも多いですね。

健康に問題がなければ、まだまだ現役の方がたくさん
いらっしゃいます。

 

介護関係の仕事は求人が非常に多いのではないで
しょうか。

知り合いの介護ヘルパー派遣会社の社長は、いつも
人不足で困っています。

ただ、問題は個々人が満足出来るだけの仕事がないこと
のようです。

つまり、働きたい人はある程度の収入がほしい。

それだけまとまった時間を働きたいのに、週に3~4時間
しか仕事がなかったりするのです。

雇用するほうは、お客さんの希望する時間帯にヘルパー
さんを派遣したいけれども、ちょうどいい時間に当てはまる
人がいない。

結局少しづつ仕事をシェアしながら働くことになります。

しかし考えようによっては、このような働き方は60代の
人にとっては向いているのかもしれませんね。

無理のない範囲で仕事ができるわけですから。

 

仕事を持っていると、やはりお化粧とか服装とかに気を
使いますし、緊張感があって生活が規則的になります。

これはけっこう大事なことです。

 

「老後」はまだまだこれから

 

いまや日本人の平均寿命は88歳です。

単純に計算してまだ30年近くあるのです。

もちろんずっと働けるわけでもありませんから、働けるうち
は働こうと思っています。

その傍らで旅行もしたいですし、美味しいものも食べたい、
コンサートにも行きたい、舞台も見たい。

したいことはたくさんあります。

まあ、そのために働いているわけです。

 

働くためにも楽しむためにも、まず健康でないと。

 

私たちの親世代はだいたい80代後半ではないでしょうか?

 

どうも、見ているとそのあたりが一番急に衰えるというのか
個人差はあるでしょうが、認知症がでてきたり、足腰が明ら
かに衰えておぼつかなくなってきたり。

 

誰でもいずれは年齢を重ねてそうなってゆくのでしょうが、
だからこそ、今は「まだまだ」と思いながらすごしていきた
いと思っています。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP