キャッシュフローって何ですか?

最近よく聞くのが「キャッシュフロー」という言葉です。

もともとは企業の経営実態を表すために、名目上の
売上ではなく、現金の流れを表す指標を指す言葉ですね。

しかし、最近いろいろな場所で使われる「キャッシュフロー」
というのは、要するに個人の収入と支出のことです。

 

「老後破産」を避けるために

 

一時大きく取り上げられた「老後破産」ですが、もっと
問題なのは、例えば定年後、どれだけの収入があって、
どれだけの支出が必要かをちゃんと把握できていますか?
ということです。

 

収入が年金だけなのか、他に収入はあるのか、
支出は毎月どのくらいが必要なのか、そのバランス
はちゃんととれているのか。

 

「現金の流れ」つまりそのまま「キャッシュフロー」です
が、そこを明らかにしておかないと老後の生活は
危ういですよ、ということなのです。

 

年金だけは生活できない、とすれば貯蓄をとり崩して
ゆくことになります。

どれだけ長生きするかわからないのに、不安ですね。

ならば、支出とのバランスが取れるように、収入を増やす
ことを考えねばなりません。

 

これは実際に定年を迎えた後で考えても、なかなか難しい
ことです。

 

ですから本当はもっと若いうちから「資産」を作ることを
考えておくべきなのです。

 

最近よく言われるのは、たとえば不動産投資。

家賃収入が入るような物件を手にいれましょう、とか。

ただこれは普通の収入であれば、かなりの期間を
かけて準備しないと難しいですね。

 

あとは、できるだけ長く働けるように仕事を確保して
おくか、最終的には「持ち家」の処分も含めてキャッシュ
を確保する、といったことになるでしょうか。

 

キャッシュフローを明らかにして、身の丈にあった生活を

 

あまりに切りつめた生活では、楽しみがありません。

できれば、たまには旅行にいけるくらいの老後を
過ごしたいものです。

そのためにも、我が家の資産を把握しておかなければ
いけません。

現在の収入と支出の状況。

将来、たとえば仕事ができなくなったらどうなのか。

 

たとえば病気で入院したら?

介護状態になったら?

 

さまざまなリスクに対応できるのか。

 

なんだかため息が出てきますが、まだまfだ元気な
60代のうちは、しっかりと「老後」を見据えて準備
をしていかなかければならないでしょう。

 

老後はいわば自己責任。

ある意味覚悟しておかねばなりませんね。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP