七草粥を食べる日

『せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
すずな、すずしろ』春の七草。

 

ご存知でしょうか?

お正月の7日にいただくのがこの「七草」が入った
『七草粥』です。

 

1月7日が『七草粥』

 

もともとは中国から伝来した風習のようです。

野菜を入れたお粥を食べるというのは、土佐日記や
枕草子にも記述があるので、それ以前から取り入れられて
いたようですね。

 

ただ、行事として定着したのは江戸時代になってから。

 

江戸幕府は様々な「法度」を作り、武家や公家の生活
の細々した行事まで決めていましたが、その行事の
中に「七草粥」もありました。

 

ひとつの儀式として、七草粥を食べることが行われた
のです。

これが庶民にも広まって、現代につながっているのです。

 

お正月のおせちに疲れた胃を、休ませるために、
また、家族の息災を願うという意味でも「七草粥」
をいただいたようです。

 

ただし、
「七草」と言っても、地方によって異なっていたようです。

 

基本は「七草」を摘みにいって、集めておくのですが、
ごぼうや人参を使ったり、その他の青菜を使うことも
あります。

鶏肉を入れる地方もあるようです。

 

 

七草粥の作り方

 

レシピはネット上でもたくさん紹介されていますので、
検索してみてください。

最近はスーパーやデパートで「七草」がパックになって
売られていますから、つくるのも簡単ですね。

 

「塩粥」に七草を刻んでいれたお粥を作ります。

 

それだけで、さっぱりした、胃に優しいお粥になります。

 

卵をいれても美味しいです。

 

行事としては朝に食べるものですが、そこは夕食でも
いいので家庭に合わせて考えればいいですね。

 

美味しいお漬物を添えて。

梅干を添えるのは「お粥」の定番ですが、少し甘口
のものが合うような気がします。

 

 

行事に戻る?

 

年齢のせいなのかどうか、

この「七草粥」のような、昔からの行事を素直に
受け入れたい心境になってきました。

 

実際、美味しいですし。

とりあえず、やってみようと思いますね。

若い頃は、まったく興味がなかったのに。

 

桜、紅葉、の時期に、遠出して見に行ったり、
有名な場所でなくても、ただ見て妙に感動
したりするのは、年齢を重ねたからなのでしょうか?

 

これは「成熟」なのか、「回帰」なのか、
ただの「感傷」なのか。

 

微妙なところです。

今のところは「興味」と言いたいのですが、
ただの「老化」かもしれません。

 

まあ、
今年も「七草粥」を美味しくいただきましたから、
それで「良し」としましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP