平尾誠二さんの死。

平尾誠二さんが亡くなりました。

53歳。

2019年の日本でのラグビーワールドカップをみること
なく逝かれました。

 

私たちの世代にとって「平尾誠二」は輝いていました。

 

ラグビーというスポーツの魅力を教えてくれた人でした。

 

「平尾誠二」が表したもの

 

同志社大学が3連覇をしたとき、我が母校早稲田の
ラグビー部は同志社にはかないませんでした。

 

その同志社も当時日本一だった「新日鉄釜石」に
勝つことができませんでした。

 

釜石の松尾雄治といえば、ラグビー界のスターでした。

 

松尾の引退のあと、平尾と神戸製鋼の時代がやってきました。

 

スタンドオフ平尾と、大八木。

同志社からのコンビ。

当時、神戸製鋼の試合は常に魅力的で、多くのファンが
平尾に声援を送りました。

あの華麗なステップ。

端正な顔立ちとヒゲ。

ラグビーの神様に愛された男、それが平尾誠二でした。

 

選手の自主性を重んじ、世界で互角に戦えるチームを
目指して、指導者としても期待された人でした。

 

しかし、なんといっても、

私やその少し下の世代にとっては、

『平尾誠二』は『ラグビー』の同意語であり、

ラグビーそのものでした。

 

さらに言えば、

ラグビーの平尾は、

私たちの中の”熱い精神”の象徴であり、”前進”の形
であり、憧れでした。

 

「平尾誠二」

ラグビーを愛し、常に前を見つめ、私たちに純粋な
スポーツへの愛を目覚めさせてくれた人。

 

平尾誠二は「青春」でした。

青春の輝きでした。

 

 

突然のニュースにただ驚いています。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP