シャンプーの選び方

何をいまさら、といわれそうですが、どんなシャンプー
を選ぶべきか、復習しておきたいと思います。

 

目指すのは「頭皮がしっかりケアできる」シャンプー。

 

できればシャンプー1本で、リンスやコンディショナーが
いらないものが自分としては望ましいです。

 

 

シャンプーの洗浄剤による分類

 

大きく3つに分類できます。

アルコール系シャンプー

石けん系シャンプー

アミノ酸系ジャンプー

ですね。

 

「アルコール系」というのは、市販されているシャンプー
に多いです。

洗浄力は優れてますが、成分に問題があります。

特に「ラウレス硫酸」が含まれているものは避けたいですね。

 

石鹸系のシャンプーは洗浄力が強いですが、「石鹸」が
基本ですから、自然派の方に選ばれるシャンプーでも
あります。

 

ただし、どちらも、洗浄力が強いので、頭皮の皮脂を
取りすぎるという問題があります。

 

そこで美容院では刺激の少ない、頭皮に優しいシャンプー
である「アミノ酸」系シャンプーを使っているのです。

 

シリコンについて

 

シリコンは髪をコーティングして手触りをよくします。

このシリコン自体は、体表面で使われるのであれば
害はありません。

 

ですから、シリコンが悪くて、ノンシリコンが良いという
ものではないのです。

 

ノンシリコンの場合、一番の問題点は髪がキシキシして
しまうことでしょう。

髪にツヤがほしい、まとまりやすさを重視する、
ドライヤーの熱から髪を守りたい、という方は
シリコンシャンプーがいいでしょうし、
自然な洗い上がりを求める人、白髪染め、パーマ
を長持ちさせたい人はノンシリコンがいいでしょう。

 

どんな効果を求めるか、自分が何を求めているのか
をよく考える必要があります。

 

 

「頭皮に優しい」シャンプー

 

抜け毛が気になってきた、

白髪が増えてきた、

という場合、

 

やはりアミノ酸系シャンプーを選ぶべきでしょう、

 

頭皮を健康に保つためにも刺激の少ない、皮脂を
必要以上に落とし過ぎないシャンプーを選びます。

 

ただし、「アミノ酸」系シャンプーはほとんどがノンシリ
コンです。
ですから、コンディショナーで、髪を整える必要が
あります。

 

まずは『頭皮ケア』ができるシャンプー、で、シャンプー
だけでいいもの、と探してみると、
「黒髪スカルプ・プロ」

が出てきます。

 

これは女性用のスカルプシャンプーですね。

頭皮に潤いを与えてくれる保湿成分がしっかり
入っています。

ノンシリコンです。

 

ここが気がかり。

以前に使ったノンシリコンのシャンプーは、髪のきしみ
がどうにもならず、止めてしまいました。

 

使ううちに髪がしっとり潤ってくる、と言われたので、
1本使い2本目まで使ったものの、キシミは改善されま
せんでした。

 

この「黒髪スカルプ・プロ」はどうでしょうか。

 

返金保証もついているので、試してみることにしました。

既に注文済みなので、届くのを待っています。

 

 

まとめ

 

なんでもそうですが、実際に使ってみないとわかりません。

化粧品でも、口コミだけでは判断がつきませんから。

 

自分に合うかどうか、使ってみて判断してみましょう。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP