高齢者のがん治療は手術しない?

88歳の母に乳癌さらに肺がんが発見されました。

現在抗がん剤で乳癌の様子をみているところですが、
少なくとも抗がん剤の副作用はほとんどないようです。

最近のニュースで、高齢者のがん治療について、基本
となるガイダンスさえできていない、とありました。

また、75歳以上の高齢者では「治療しない」という人が
30%でしたか、いらっしゃって、高齢者の場合、手術や
抗がん剤治療が延命につながるのか、疑問を感じています。

 

 

年齢というよりも、「体の状態」で医師が判断

 

 

おそらく、これが今のところ一番尤もと思われる考え方でしょう。

こちら。

高齢者のがん治療

 

これは、静岡がんセンターのHPです。

 

改めて、高齢者については、しっかりしたデータがない
ということに驚きますが、少なくとも手術をする必要が
あるのかどうか、むしろデメリットの方が多いのでは
ないか?と素人考えですが、思ってしまいます。

 

例えば、こういう記事もあります。

この手術はやめたほうがいいリスト

 

これは週間現代の記事のようですね。

ここでは「60歳以上」が対象になっていて、「高齢者」
というよりも、もはや自分自身のこととして考えなければ
いけないことなのだ、という危機感を持ちます。

 

特に「がん治療」については、手術、抗がん剤、といった
これまでの治療法がさらに進化し、見直されている状況
でもありますから、たとえば手術が本当に「延命」になる
のか?

それもただ「延命」ではなく「生活の質」を保つことに
重点をおけば、別の選択肢があるだろうと思います。

 

70歳80歳を超えればなおのこと、病院で動けないまま
最期を迎えるようなことにならないように、と願うの
が当たり前ではないでしょうか。

 

 

しない方が良い手術・検査

 

 

個々の状態によって医師が判断する、ということも
あるでしょうが、少なくとも、高齢者がしないほう
が良い手術、する必要がない手術や治療については
ガイダンスが必要でしょう。

 

医師の個々の判断では、患者側に十分な説明がされる
かどうか分かりませんし、手術をしない場合には、
どんな対処ができるのか、何よりも患者にとって分かり
やすい説明が必要です。

 

 

まとめ

 

 

私自身は、母の手術には反対なのですが、基本的には
母が決めることだと思っています。

 

これまで、自分の足で歩き、料理もして、身の回りの
ことは全て自分でしてきた母です。

 

88歳まで大きな病気もぜすに、元気に暮らしてきた母です。

 

元気で長生きして欲しいと願うばかりです。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP