後ろ倒し、ポテチの食べ方、二つのカルチャーショック

知ってました?

最近の言葉。

たとえば、「立ち位置」「ほぼほぼ」「ガチ」「タメ」などの言葉。

さすがに実際に使っている人にはあまりお目にかかりませんが、まあ知っています。

ところが、「後ろ倒し」これは知りませんでしたね。

 

 

「後ろ倒し」とは

 

要するに「先送り」のこと。

前倒しの反対ですね。

言葉は世に連れ、と言いますが、特に話し言葉はどんどん変化します。

いちいち覚える必要はないとは思いますが、一応の知識としては、ある程度は知っておきたいかな、と。

しかし、全く知らない、という事実にまず驚きますね。

職場ではそんなに若い人がいませんし、いても、そういう言葉遣いをしませんから、せいぜいテレビや雑誌で知る程度です。

そうそう、美容院では時々聞くかも。

自分からは使わない言葉も、知らないで済ますのではなく、ちょっと学習しておきたい、と思います。

 

しかし、実は最近の一番のカルチャーショックは「ポテチの食べ方」です。

 

「ポテチ」の食べ方

 

 

ポテトチップス、と言いたいのですが、ここはポテチで。

ポテチも使わないけれども。

 

箸で食べる

知ってました?

手で食べるものと思っていました。

ところが、夫は箸で食べている、と。

これもある意味二重にショック。

夫が箸で食べるのを知らなかった、ということと、若者の食べかたというよりも、手が脂で汚れるのを防ぐためには合理的な方法であって、普通に自分が考えつかなかった、ということがショック。

 

怖いですね、この思考の硬化が!

身体ばかりでなく、思考に柔軟性が無くなっているという事実。

年齢を重ねて頑固になる、というのは、つまりは、柔軟性の欠如だと思っていましたが、そもそもの視野が狭くなっていることが問題。

 

と考えながら、昔は年を重ねれば迷いがなくなり、成長できると思っていたのが、反対に迷いが増えるばかりって、どういうこと?とも思います。

 

 

柔軟性が無くなるというのは「選択肢」が無くなるから?

 

 

自分の仕事、自分の立ち位置、未来、などが固定されてきて、若い頃のようには未来が多様ではない、という事実。

そこを見ると、もう頑固でいい、となるのかもしれない。

もう、人生は大きくは変えられないかもしれないけれども、それでも、その気があれば、チャレンジはできるし、結果変わるかもしれない、と思う訳です。

 

なにしろ「人生100年時代」ですから!

あと37年もあるとしたら、このままというのは残念すぎる!

 

元気であれば可能性はある、と思います。

身体は多少衰えても、気持ちが元気なら。

 

また、そうでなくては、この先生きる意味が分からない。

できるなら「前のめり」で死にたい、と思いますね。

 

 

選択肢は常にある、迷いながら進めばいい

 

 

なんであれ、刺激は必要だ、ということです!

「ポテチ」であっても。

 

毎日のルーティン作業に埋もれてはいけないなあ、と反省中!

様々な選択肢に迷いながら、そんな選択肢があることに感謝しつつ、迷えば良いのです。

 

・・・・ついでに、美味しい「ポテチレシピ」を検索中。

無難そうなポテチ入りサラダから試してみましょうか?

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

介護保険をどのように利用する? 「要支援」の場合
若作り・・・三つ編みとミニワンピース
最期まで意識を保つ終末医療 「愛してる」は本当だ!
「親世代」の問題 80代90代の親たち・・・2018年の追記あり。
「人生100年」と言いながら、追いつかない現実!
平成30年に米寿(88歳)を迎える日本人は70万人!?
平成31年にしたいことは何ですか?
「人生100年時代」の働き方
「シニア」とまとめられてもね、人それぞれですから!
「還暦」は「老い」の始まりか?
高齢者になって持ち家がないとどうなる?・・・気になる記事を発見!
日本の最高齢は115歳!老年を美しく生きる為の10のヒント  2018まとめ
70歳代を高齢者と言わない宣言!
「ブルベ」と「イエベ」 知ってました?
70歳からの転職!

Menu

HOME

TOP