「捨てる」のは難しい

モノの整理をしなければ、とずっと思っていますが、
これがなかなか難しいです。

主に、服に、本ですね。

それにビデオテープ。

これがやっかいです。

 

思い立ったら実行!

 

なんでしょうね、

「片付けたい」という思いが突然わいてくることがあります。

その時がチャンスです。

ただ重たいのですよ、本が。

 

特に困るのが雑誌です。好きで集めた雑誌の山をどうするか?

さらに困るのが切り抜きした記事のファイル。

私以外の人にとっては明らかにゴミです。

これはななんとかしておかないと。

服に、古い家電、壊れたパソコン。

後生大事にとってあります。

意味がわかりませんが、捨てていないのです。

 

こうなるとその気になったときに、つまり「今」です、
処分していくしかありません。

 

 

「捨てる」ことは「喪失」ではなく「準備」?

 

 

過去の拘りを捨てて、自由になることは大事ですね。

もう着ることはないだろうなあ、と思う服が捨てられない
のは何故でしょう?

 

使わなくなったバッグ。

見ないビデオに、読まない本に雑誌。

そういうものに使った時間が捨てられないのかしら?

ただ、おそらくキャパは限られていて、
新しい時間をすごすには、古いものは片付けないとだめ
なんじゃないかと思います。

 

物理的な問題が気持ちにも繋がっている気がします。

実際の「空きスペース」がないと「次」に行けない気持ち。

逆に言えば、スペースを作れば「次」に一歩進める。

 

たぶん意識せずに、「次」を求める気持ちが大きくなって
いたのだろうと思います。

 

無駄と失敗の多い毎日を送ってきましたが、これからは
少しは過去から学び、少しは賢く、少しは無駄を無くし
たい。

そう思っています。

 

 

究極は「家」?

 

 

今の住まいは夫の実家ですから、築数十年の古い一軒家
です。

これを建て替えるか、いわゆる「高齢者住宅」に引っ越すか。

 

近所には空家が増えています。

一人暮らしを諦めて子どもと暮らすことにした人。

夫婦で高齢者住宅に移った人。

さまざまです。

 

いつか、身体が不自由になったとき、やはりケアがしっかり
している老人ホームが安心だろうと思います。

 

ただ、ひとことで「老人ホーム」といっても、本当に
ピンキリで、付属するサービスも違いますし、費用も違い
ます。

 

「介護付き老人ホーム」という名称は同じでも、内実には
差があることが多いです。

 

できれば身の回りの整理をして、海辺のマンションに
住みたい。

また山もいいなあ、などと夢想しています。

夫婦でのんびりした時間を過ごしてみたいものです。

 

そういう日がいつか来ることを願って、今日もいつもと
変わらぬ一日を過ごしています。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP