紅茶のおいしい入れ方~あさイチより~

寒くなってきました。

温かい飲み物が恋しくなる季節です。

11月1日は、ワンワンワンで犬の日だそうですが、
紅茶の日でもあるそうです。

 

そこで「あさイチ」で紹介されていた紅茶のおいしい
入れ方をご紹介します。

 

 

プロによるティーバッグの究極の入れ方

 

まずカップにお湯を入れ、カップを温めます。

このお湯は捨てます。

ここにお湯を先に入れ、ティバッグを静かに入れます。

すぐにソーサーなどでフタをします。
(フタはなんでもよい)

これは急激に温度が下がるのを防ぐためです。

約1分置いて、フタをはずし、ティ-バッグを引き上げます。

この「蒸らし」時間が大切なんですjね。

 

このときティーバッグはちゃぽちゃぽ動かさないように
します。(苦味が出てしまうため)

 

香りとコクが楽しめるようです。

 

● 紅茶のテイスターの方がすすめる入れ方は?

 

ティーバッグをいくつか組み合わせると味にボリュームが
出るそうです。

 

一般的な紅茶+ダージリン+アッサム

をティーポットに入れて1分待ちます。

ダージリンは香りを、アッサムは味の余韻を加えて
くれるそうで、全体にボリュームアップだそうです。

 

 

「混ぜティー」のすすめ

 

紅茶に入れて美味しいもの、いろいろ。

たとえば、

ハーブのリキュール。

マーマレード。

ブランデー少々。

チョコレートをそのまま入れる。
(自然に溶けるのがいいらしい)

 

アカシアのはちみつ
注意・・・アカシアには鉄分が少ないので紅茶の
色が黒くなりにくいのです。

 

 

紅茶を楽しむ

 

イギリス大使の紅茶のいれかたは、とても簡単。

マグカップにティーバッグを入れ,熱いお湯を注ぎます。

普通にちゃぽちゃぽして、牛乳をいれてミルクティー。

 

結局は自分の好きなように楽しみましょう、という
ことですよね。

 

スリランカでは辛いコロッケのようなものと、甘いお菓子
に紅茶を合わせるそうですし、それぞれの楽しみ方が
あって当然。

 

特に紅茶に限らずとも、いろいろなお茶が楽しめる
のはいいですね。

 

最近はルイボスティーとびわ茶に凝っています。

好きなお茶でゆったりと過ごせる時間を持つ。

それが一番の幸せかもしれませんね。

 

冬を迎える気持ち

 

夏には夏の、冬には冬の良さがあります。

熱いお茶やスープでほっこりする幸せ。

セーターの手触り。

手袋やマフラーのぬくもり。

 

乾燥する肌や髪、もありますが・・・・。

 

楽しみを見つけて暮らす。

そういうふうに暮らしていけたらいいと思います。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP