「捨てる」智恵と「貯める」智恵

最近の雑誌の特集記事というと、「捨てる」ことと
「貯める」ことばかりな気がします。

確かに大事なことなのですが。

ものを増やさないことと、貯蓄することは当然繋がって
いますから。

で、この冬はモノの整理を第一にしようと決意して
いるのです。

 

「捨てる」方法

 

まずは不用となったものを捨てることから。

 

衣類は3年着なかったら捨てましょう、ということを
どこかで読んだ記憶があります。

春夏ものはかなり片付けたのですが、秋冬ものは
結構残っています。

 

お気に入りのセーターなど長く着ているものは
まだまだ手放せません。

だいたい秋冬もののほうが大事に着ている気が
しますね。

素材的にも高価なものが多いですし、そのぶん手も
かけています。

 

しかし嵩張って場所を取るのも事実。

 

さすがに古びてきたものは処分しなければ、と思って
います。

 

さらにコート類。

 

数はさすがに減らしています。

軽くて暖かくて、流行に左右されない上品なもの。

そういうコートを一つ選びたい。

・・・のですが。

昔からの「コート」好きの血が疼いてしまう。

衣類は消耗品ですから、割り切って1~2年徹底的
に着て次にいこうと思うほうがいいかもしれない。

 

いまだに迷い続けています。

それでも、

さすがに何年も前のものはかなり処分しました。

この年末、もうひと頑張りするつもりです。

 

「貯める」方法

 

こちらは「老後」のことを考えれば切実です。

なんだかんだ言っても、お金がなければ何も
できません。

しかし、こちらはもう方法は決まっています。

「支出を抑える」

これだけのこと。

 

「収入を増やす」という思考もできますが、

さて今からどうやって増やすのか?

 

仕事を増やす、と言っても、できなくはないですが、
そう簡単に収入は増えません。

 

まあ、元気に長く、無理なく働く、といった程度
でしょう。

しかし、このキャッシュフローが大事です。

 

あの堀江さん(ホリエモン)が言っていましたね。

 

ご自身のお母にも、いくつになってもキャッシュフロー
を意識して何か仕事で収入を得てほしい、と。

 

貯蓄や年金を取り崩していてはお金の流れは無く、
ただ減るばかりです。

ですから新たな収入を得ること。

お金の流れが滞らないようにすること。

これが大事です。

 

健康のためにも、認知症にならないためにも、
働ける間は働きましょう。

 

 

まとめ

 

ただの自分のための心覚えになってしまいました。

すみません。

でも思うのは「誰かのためになっている」と考えられる
なら幸せだ、ということです。

 

仕事をすること。

収入を得るだけでなく、それが何かのあるいは誰かの
役に立っていると思える「やりがい」があれば、人生
幸せではありませんか。

やっぱり、ひとりでは生きられない。

そんなことをしみじみ感じる年末でもあります。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP