消えてゆくもの・・・・

弟が亡くなりました。

大腸がんで闘病中でしたが・・・・。

60歳になったばかり。

まだまだ、と思っていたのに。

 

これで実家は絶えることになります。

母が亡くなって、弟も。

悲しみ、というよりも、今しなければならないことが多すぎて呆然としています。

 

エンタメ系のブログにはこういうことは書きたくないので、こちらに書いておこうと思います。

 

 

一人暮らしの弟は、よく頑張ってきたと思います。

病との闘いは、一人では辛いものです。

遠くに暮らす姉は力にはなれず、今は後悔だけが膨らんでいます。

 

母が亡くなったときには、二人で思い出の場所をあちこち歩いたものでした。

あれから3年。

まさか弟を見送ることになるとは・・・。

 

 

実家のこと、お墓のこと、様々な整理。

そんなことで、自分の後悔やら悲しみを封印しているようにも思われます。

でも、それで、今を過ごせるなら、それもいい。

 

母を見送り、弟を見送り、こうして自分も年を重ねてゆくのでしょう。

 

これからは、やはり「断捨離」?

不要なものを処分し、子どもに負担を残さないように。

まあ徐々に整理していかなくては。

 

結局、人は最期は一人なのだなあ、と悲しくは思いますが、それが当然のこと、とも思います。

人生は、消えゆくもの。

時は進み、人は消えてゆく。

それでいいのだろうと思いますね。

 

ただ、最期のときにも、お金は必要、という、なんというか理(ことわり)?

これも一片の真実のようです。

自分の身の始末にも必要なものはお金。

そういう事実に愕然としますが、今までそこを考えてこなかったのは間違いでした。

後のことをきちんとしておくことは大事です。

私ももう65歳。

あまりゆとりはないように思います。

今後をどう生きるか、ということは、どうやって最期を迎えるか、ということと同義でしょうね。

そこから目を逸らさずに生きていかなければ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP