高齢者の入院の問題点

90歳前後になると入院のリスクが増えます。

体調の悪化、思わぬ怪我など。

しかし、本当の「入院のリスク」はむしろ「入院後」に
あります。

たいていの場合、入院以前よりも生活の状態が悪化してしまうのです。

 

 

筋肉の減少と歩行困難と認知症

 

 

高齢者が入院すると筋肉の量が1週間で20%減るといわれています。

 

病院でも、入院当初は動けない患者にオムツを使用したり、
尿道にカテーテルを入れて、トイレまで歩くこともできない
状態にしてしまいます。

 

その後状態が安定すれはリハビリに入りますが、衰えた筋肉
はなかなか回復しません。

 

さらに、日常生活の張りが失われることから、認知症を誘発
します。

 

動けない状態であっても、話しかける、話し相手になること
が必要です。

 

できれば、不意の入院に備えて近隣の病院を調べていおくと
よいでしょう。

まず、リハビリのスタッフの充実した病院を、かかりつけの
医師に確認しておくと良いですね。

 

 

病院の力はコミュニケーション力

 

 

これは高齢者が患者の時に限らず、常に必要ですが、
高齢者にとっては特に大切です。

 

耳が遠かったり、理解が遅いこともあるでしょう。

それでも、話しかけ、相手がわかるまで説明することが
病院への信頼を作ります。

ドクターも介護士も、高齢者を侮っているように
見えることが多いです。

 

説明しても無駄、時間がかかるだけで面倒。

といった介護士の対応が見えると、家族にとっても
病院への不満や不信が増すことになります。

 

信頼感がなければ、治療も介護もリハビリもうまく
いきません。

 

高齢者が以前の状態と変わらずに帰宅できて、初めて、
良い病院だったと言えるのではないでしょうか?

 

たいていの場合、介護度が進んだ状態での退院となって
しまうのはとても残念です。

 

 

退院後の生活

 

 

これはまず介護認定の申請から始まります。

たとえば「要支援」だった人は「要介護」に段階があがるかも
しれません。

ケアマネージャーと相談して、どんな生活環境が必要かを
決めていきます。

自宅での生活が可能か。
改築が必要か。
介護ヘルパーさんにどの程度きてもらうか。

家族には何ができて、何ができないのか。

 

自宅ではなく施設を探すのであれば、どんなところがいい
のか?

予算や希望の場所など。

 

本人と家族、ケアマネージャーで話し合って、納得の上で
今後の生活の骨子を決めます。

 

高齢者本人の要望に沿った暮らしができれば一番よいの
ですが、それは高齢者が自立できていればこそ。

 

自分の身に置き換えてみれば、とにかく健康寿命を伸ばす
こと、これに尽きます。

 

怪我に負けず、病気に負けず、身体を鍛えて頑張る!

言ってみれば「アスリート」の気持ちで、節制してやっていく
しかない!と思いますね。

 

人生、楽じゃない、ということです。

楽じゃないけれど、楽しみながらやっていきましょう!!

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP