「老人ホーム」を考える

高齢になって、たとえば一人暮らしだったら、「老人
ホーム」を考えます。

夫婦ふたりだとしても、子どもの世話にはなりたくない
となると、「老人ホーム」ですね。

親世代は80歳代ですから、親の兄弟、私からみたら
叔父、叔母になるわけですが、すでに老人ホームに
移っている人もいますし、検討中の人もいます。

 

「老人ホーム」と言ってもいろいろあります。

 

「公的」なホームから「私的」なもの。

終生住んでいられるものから、例えば介護状態に
なったら出なければいけないもの。

必要な費用も違います。

おそらく今後は、もっと高齢者が増えるのですから
そういう施設も整備され、ニーズに応えるものに変わって
ゆくと思われます。

 

神戸の、とある施設は、エントランスが明るく広々として
いてホテル並み、いえホテル以上かもしれません。

個室には、洗面所とトイレがあって、介護用のベッド、
テレビ、小さなクローゼット、書き物机に、化粧台など
が備え付けになっています。

食事は食堂で摂り、お風呂は介護士さんが見守って
くれます。

病院も隣接していて安心です。

 

芦屋にある「高級ホーム」は、元気な人は自炊できる
ようにキッチンがあります。

家具は備え付けではないので、自分で用意しなければ
なりません。(ベッドも、全てです)

介護状態になったら、そういう人のための階に移動します。

付属の病院はなくて、常駐のドクターはいますが、病院は
自分で手配する必要があります。

 

このように、いわゆる「高級」と言われるホームにも、さま
ざまな

違いがあります。

 

ですから、できるだけ資料を集めて、自分が望むものを
探しておくべきでしょう。

少なくとも、どんな条件が最低限必要か、考えておくべき
ではないでしょうか。

 

「自宅」へのこだわり

 

ただ、その一方では、住み慣れた家に居たい、と
願うひともいます。

在宅医療もどんどん進化しています。

病院ではなく、自宅で最期を迎えたいと願うのは
自然なことでもあります。

今住んでいる地域では、医療体制はどうなって
いるのか、主治医がいれば相談してみるといいでしょう。

また、自宅の改装も早めにしておくべきでしょう。

トイレや浴室の手すり、玄関の出入り用のスロープ、
キッチンのIH化など。

 

まだまだ先のこと、と思いがちですが、(実際そう思って
もいるのですが)いつ何があるかわからないのがこの世の中。

せめて心構えだけでもしておくべきでしょう。

 

近所に「空家」増えている現状

 

我が家の近所では、高齢のご夫婦の方が2軒、ホーム
に入られて1軒は空家のまま、お子さんが時々片付け
に来られています。

もう1軒は売られました。

また、一人暮らしだった高齢の女性は、東京に住む
息子さんに引き取られました。

知る人がいない東京での暮らしはどうなのでしょうか。

お家は空家のままです。

 

自分はどうしたいのか、それを貫くには何が必要なのか。

 

準備はしておかなければいけない、と思うこの頃です。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP