目の奥の痛み、歯の痛み、副鼻腔炎が原因かも?

睡眠不足だったり、疲れが溜まってくると、
おや?虫歯かしら?と歯が痛くなったり、
目の奥が痛くなったりします。

 

これ、私の場合は、実は「副鼻腔炎」が原因だったり
します。

 

鼻づまりや鼻水に注意

 

つい最近も、急に歯が痛くなったので、
虫歯ができたのかしら?と思っていたら、今度は
目の奥がいたくなってきました。

口腔と目や耳はつながっていますから、これも虫歯の
せいかも、と思っていたのです。

 

ところが、ちょっと鼻水が気になって、強く鼻をかんだ
ところ、黄緑色のどろっとした鼻汁がたくさん出てきま
した。

 

これは、10年位前に経験した副鼻腔炎では?と思い
当たりました。

 

耳鼻咽喉科はいつも混んでいるので、「鼻づまり」用の
市販薬を購入。

二日ほど服用しました。

鼻汁というよりも、鼻腔に溜まった膿のようなものが
鼻をかむと出てきて、鼻がすっきりしたら、歯の痛みも
目の奥の痛みもすっかり収まっていました。

 

鼻腔と口腔と目は繋がっている、と自分の体でよく
分かりました。

 

そうして、すっかり忘れていましたが、10年ほど前は
仕事のストレスからの疲れで、鼻の調子が悪くて、
黄色い鼻水や、鼻の奥がいつも臭いような感覚に
悩まされていたのでした。

 

詰まっているのに鼻水が出てくる・・・・

 

当時一番困ったのはこれです。

鼻が詰まっているのに、鼻水が勝手に出てくるのです。

ハンカチが手放せず、よく鼻に当てていました。

 

人前では鼻がかめないので、トイレなどで鼻をかむと
鼻水ではなくて、ドロッとした塊がつぎつぎに出てきます。

つよくかみすぎると、鼻血が混じることもあって、仕事中
ホトホト困りました。

 

鼻づまり状態ですから集中ができず、そのうち、喉の
方に降りてくる気持ちわるさも重なって、もう最悪の日々
でしたね。

 

いわゆる「急性副鼻腔炎」でだいたい1ヶ月くらいで
落ち着いたと思います。

 

確か、大学生のころにも、そんな症状があったように
記憶しています。(もうかなり昔ですが)

 

治療と予防

 

耳鼻咽喉科というのがとっても混んでいる、というのを
知ったのも10年前のこと。

 

長時間待って、治療時間は、ほんの数分。
この時は頑張って通院しましたが、結局は疲れを溜めず、
免疫力を高めるのが一番、と思いました。

 

やはり風邪が鼻や喉からくるので、早めに休むように
したり、部屋を乾燥させないようにしたり。

 

・・・しかし、今回は冬ではなく夏。

ちょっと油断してました。

夏風邪って長引くのよね~とか家族で言っていたのに。

 

10年前のことはすっかり忘れて、虫歯ができた?と
歯医者さんに行くのを考えて憂鬱になっていました。

 

「眼医者さん」にも行かなければ、とか。

 

実際、これからいろいろなお医者さんにお世話に
なるのでしょうね。

 

これまではあまりご縁がなかったので、地元の評判
等、ちょっと注意して情報集めをしておこうと思っています。

 

 

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP