夏バテの原因は「紫外線」!

このところ「疲れやすさ」をこれまで以上に感じています。

これもまた、年齢ゆえか?と思っていたのですが、

むしろ夏バテ。

 

しかも、夏バテの原因は3つあるそうです。

 

 

暑さ、寒暖差、紫外線

 

暑さはまあ当然です。

「寒暖差」は冷房の効いた室内と外との差ですね。

 

で特に「目から入る」紫外線。

 

 

これが脳を疲れさせるようです。

疲れというのは「自律神経」の疲れであって、例えば筋肉の疲れ
とかではないのですね。

 

脳が疲れると、まず「飽きる」という症状があらわれます。

次に「疲れる」次に「眠くなる」という順番で脳からサイン
が送られます。

このあと「視野が狭くなる」症状が出てきます。

 

なぜ「視野」なのか、というと、
脳は「視覚」からほとんどの情報を得ているからです。

 

パソコンやタブレットをいつも見ていると目が疲労します。

これは、目の細胞の疲労ではなく、目のピント合わせを
して調節している自律神経の疲労なのです。

 

ですから、まずは休憩をとって遠くの景色を眺めるなどして、
自律神経を休ませるべきです。

 

 

紫外線から活性酸素が生じ「疲労」の原因となる。

 

活性酸素の酸化作用は、体内で外敵と戦ってくれます。

が、外敵だけでなく、遺伝子なども酸化させて「老化」や
生活習慣病を引き起こします。

 

体内には、この「酸化」を抑える「抗酸化酵素」があって、
活性酸素から身体を防御しています。

ところが、加齢とともに、抗酸化酵素の働きが弱くなって
しまうので、活性酸素が大量に発生します。

 

紫外線を浴びると、この活性酸素がたくさん発生します。

ですから、疲労を溜めないためにも「紫外線」には注意
しなければなりません。

紫外線のUVAで生じる活性酸素は、なんと真皮を作って
いるコラーゲンを破壊するのです。

シワの原因になります。怖いですね。

疲労を防ぎ、活性酸素の発生を防ぐには、
紫外線を避けなければなりません。

特にUVAは、5月から9月がピークではありますが
それ以外の月もピークの50%くらいの量があるそうです。

 

紫外線を避けるためには日傘や日焼け止めだけでは足りません。

 

見るだけでも疲れるので、目から入る紫外線もカット
しなければならないのです。

 

それには、紫外線カットのメガネ、サングラス、
コンタクトレンズを使用するのが一番なのです。

 

 

 

まとめ

 

以前から、紫外線カットのメガネは必要だと思ってはいた
のです。

サングラスはひとつ持っているのですが、普段あまり使用
しませんし、なんとなく抵抗があって(似合わないし)
使っていませんでした。

でも「疲労」ばかりでなく、活性酸素、しかもコラーゲンを
破壊してしまうヤツを発生させるとあっては、対策を考え
なければいけません。

 

紫外線カットのメガネ。

まずはコレですね。

 

参考文献「すべての疲労は脳が原因」
梶本修身・著

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP