高齢者の低体温は危険?

そもそも「低体温」というのは平熱が36度以下の場合
を言うようです。

体温が低いと、抵抗力が落ち、代謝も低下して太り易く
なる、など、いいことはありません。

高齢者の4割は低体温という統計もあるそうです。

 

低体温の原因と対策

 

低体温の原因は、まず食事です。
●ビタミン・ミネラルの不足、タンパク質の不足、
●冷たい食べ物や甘いものの摂りすぎ、
●ダイエットによるビタミン・ミネラル不足も原因です。

 

食事以外では、

●住環境つまり冷暖房が整っているために
体温の調節機能が鈍くなってしまうのです。

●運動不足による筋肉量の低下。

●ストレスによる血行不良、自律神経の乱れ。

●便秘も原因になります。
便秘によって基礎代謝が低くなり、冷え性につながります。

 

以上の原因となることを改善していきます。

すなわち、

◎冷たいもの甘いものを控える
◎ビタミン・ミネラルの摂取

◎運動で筋肉を鍛えます。
これによって、第二の心臓といわれる「ふくらはぎ」
が動くようになり血流がよくなります。

『運動』としては、ウォーキングやスクワットをします。

運動で筋肉をつけるためには、筋肉の元となる
タンパク質をしっかり摂るようにします。

 

平熱を上げるには「腹巻」が効果的

 

食事以外では、「腹巻」が効果的だそうです。

理想の平熱は36.5度だそうで、体温が一度上がると
代謝は13%上がるそうです。(厚生省調べ)

「腹巻」をすると体温が一度上がるといいますが、
腹部には「腹部大動脈」という血管があって、腹巻で
血液を温める効果があるのですね。

余談ですが、着物はお腹に「帯」を巻き、中にタオル
などを入れるために身体が冷えないのです。

 

入浴とマッサージ

 

お風呂にはしっかり浸かりましょう。

シャワーだけでなく、ゆっくり入浴して身体を
温めます。

そのとき、ふくらはぎのマッサージを意識して
するといいですね。

身体を温めるのに、入浴剤を使うのもいいでしょう。

お気に入りの香りで、ゆっくりと入浴すればストレス
の解消にもなります。

 

まとめ

 

血流が悪くなると体温調節機能が働かなく
なります。

高齢者に家での熱中症が多いのはそのためですね。

また、寒いときには、本来は血管が縮まって身体から
熱を逃がさないようにするのですが、その働きが鈍く
なっていて、熱が奪われ体温が35度以下になってしま
うことがあります。

これが「低体温症」です。

 

このような体温調節機能を保つためにも、平熱が低く
ならないように注意しておきましょう。

運動による筋肉の増加、筋肉による血流の改善、
食事のバランス、全てが繋がっています。

 

健康と美しさも繋がっているわけで、常に意識する
ことが一番大切です。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP